bit

農家のお母さんが料理を持ち込む! 秋田内陸線の「ごっつお玉手箱列車」に乗ってきた

最近は観光列車が花盛り! グルメをテーマにしたものも多く、車内にいながらレストランさながらの料理を食べられることも珍しくない。だが、秋田内陸線の「ごっつお玉手箱列車」は、巷のグルメ列車とはひと味もふた味も違う。なんと、シェフは地元農家のお母さんたち。沿線の各駅で手作りの農家料理を次々と持ち込み、乗客にふるまってくれるのだ。

秋田内陸線は、その名のとおり、秋田の内陸を南北に縦貫するローカル線である。みちのくの小京都・角館駅から、マタギの里である阿仁合(あにあい)駅を抜け、世界一の大太鼓の里・鷹巣(たかのす)駅までを結ぶ全長94.2km。沿線には「日本の原風景」とも称されるのどかな自然が広がり、一年を通して、とにかくフォトジェニック。カラフルな内陸線の車体は風光明媚なこの土地によく映え、鉄道ファンのあいだでは有名だ。

そんな秋田内陸線の人気ナンバーワンの企画列車が、動く農家レストランこと、「ごっつお玉手箱列車」。“ごっつお”とは秋田弁で“ごちそう”の意味。実際に乗車してきたので、その様子をレポートしよう。

出発は角館駅から。まずはカラフルな車体の前で記念撮影をパチリ。シートは掘りごたつ式のテーブルで、足を延ばせて快適だ。乗客が全員乗り込んだところで、内陸線の佐藤さんが、
「こんな頭ですが、“ケガ”ないようにすすめて参ります」
と挨拶しながらツルツルの頭をなでると、ドッと笑いが起き、車内は一気に和やかなムードに。この日の参加者は約20名。秋田市など県内からの乗客が約半数、遠くは神奈川や埼玉など関東からの参加者もおり、外国人の姿もあった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク