bit

日本はお笑い芸人の需要が高い国だった? 

日本はお笑い芸人の需要が高い国だった? 
パリにあるコメディー劇場
国や文化によって笑いのツボは変わる。笑いのセンスが異なるために、一種の冗談として放ったことが他国では冗談でなく受け止められ、しばしば国際問題に至ることも多い。フランスと日本の「笑い」には、どのような違いがあるのだろうか。仏国立東洋言語文化研究所で「日本の笑い」を研究し、日本でお笑い芸人として活動経験もあるエムリック・タンギーさんに聞いてみた。

「フランスの笑いは、当たり前とされることとの真逆のことを言い、それを相手も、事実と逆だとくみ取りつつ笑う『皮肉』が基本です。日本人は冗談を言う際に、『これは冗談だ』という合図を、表情であったり何かしら分かりやすい形で、相手に送る場合が多いです。しかしフランス人は、最初から自分たちが言っていることはめちゃくちゃだという前提で話しているため、日本人のように何の合図も送らない。そのためフランス人が日本人に対して冗談を言うと、真顔のため本気と受け止められやすいです。冗談の内容も、フランスでは相手が引くくらいのことを言って、笑いに転化させることも多いです。しかし、このような文化に慣れていないと、それが『笑い』であると、なかなか通じないですね」

フランスの哲学者ベルクソンによれば、「笑い」は「社会的な罰」という一面を持つ。笑われた人は恥ずかしさを感じ、気を付け、間違いを改めようと考える。知人によれば、日本の漫才はまさにこれで、ボケ(誤った行動)をツッコミが正し、それを観客(社会)が笑う仕組みだという。そう考えると、「ボケとツッコミ」という組み合わせは、笑いにとって不可分のように思えるが、フランスは基本的に、日本の漫才のようなツッコミ役は存在しないそうだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日本はお笑い芸人の需要が高い国だった? 」の みんなの反応 1
  • ゲコッ!! 通報

    需要は高いがレベルは低い。コメンテーター気取って政治に口出ししているが干されるのが怖くて政権批判しない。中途半端にやっている振りでも大事に扱われている。

    3
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。