review

アンディ・ウォーホルとは20世紀最大の宗教画家ではなかったか

アンディ・ウォーホルとは20世紀最大の宗教画家ではなかったか
「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」公式カタログ<br />米ピッツバーグのアンディ・ウォーホル美術館の所蔵品を中心とした、日本最大規模の回顧展。現在、森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)にて開催中。そのタイトルの「永遠の15分」とは、「将来、誰でも15分は世界的な有名になれるだろう」といウォーホルの言葉からとったもの。会期は5月6日(火・振替休日)までとあとわずかなので、行こうと思っている人はお早めに!
東京・六本木ヒルズの森美術館で「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」が開催されると知ったとき、何だか、ポール・マッカートニーとかローリング・ストーンズとかボブ・ディランとか、ここ最近続いている海外の大物アーティストの来日公演に感じたのと似たような「いまさら!?」感を覚えた。いや、まだ健在の人と亡くなっている人を一緒くたにしてしまうのもどうかと思うが(ストーンズのライブは評判もいいようだし)、いま観に行っても新しい発見があるのかどうか、ちょっと疑わしく思ったのだ。

こんなふうに書くと、ウォーホルのことが嫌いのように思われそうだが、むしろ好き、いや大好きである。いまから20年ほど前の田舎の高校生にとって、アメリカン・ポップアートの旗手であるウォーホルは、おしゃれカルチャーの象徴的存在だった。当時購読していた講談社の「現代美術」という全集のうち、とくにウォーホルの巻はよく開いて眺めていたし、その数年後、1996年に東京都現代美術館で開催された回顧展にももちろん足を運んだ。

あと、ウォーホルのシルクスクリーン作品を真似して、自分でもプリントごっこを使い(原理はシルクスクリーンと同じなので)、小渕恵三のポートレートをつくったこともある。なぜ小渕恵三だったのかというと、このとき亡くなったばかりだったから。ウォーホルも、女優のマリリン・モンローが死んだ直後にその肖像を制作したりしていたので、手法だけでなくその題材選びにもオマージュを込めたつもりだった(オマージュって便利な言葉!)。

あわせて読みたい

  • カニが威張っているからカーニバル!? 大阪・岡本太郎の爆発フルコース

    カニが威張っているからカーニバル!? 大阪・岡本太郎の爆発フルコース

  • 「切腹女子高生」からもう一度「会田誠展 天才でごめんなさい」

    「切腹女子高生」からもう一度「会田誠展 天才でごめんなさい」

  • 「源頼朝像」にはがっかりだよ! 山口晃『ヘンな日本美術史』

    「源頼朝像」にはがっかりだよ! 山口晃『ヘンな日本美術史』

  • 満州国、平和記念公園、昭和基地、日本万国博覧会……壮大な建築の昭和史「メタボリズムの未来都市展」

    満州国、平和記念公園、昭和基地、日本万国博覧会……壮大な建築の昭和史「メタボリズムの未来都市展」

  • レビューの記事をもっと見る 2014年4月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース