review

没後20年「悪役」大統領ニクソンの功罪を検証する

没後20年「悪役」大統領ニクソンの功罪を検証する
DVD『フロスト×ニクソン』<br />同名の舞台を、主演をそのままに2008年に映画化したもの。実在のテレビ司会者であるフロストが、カメラを前にニクソンに最後のインタビューを行ない、ウォーターゲート事件について発言を引き出したのは、1977年4月22日のことであった。その17年後の同日、ニクソンはニクソンは81歳の生涯を閉じている。
アメリカ合衆国第37代大統領のリチャード・ニクソンが1994年4月22日に亡くなってから、きょうでちょうど20年が経つ。

歴代のアメリカ大統領のなかでも、ニクソンほど在任中の業績が、功と罪と明確に分けられる人物もいないだろう。このうち最大の罪は何といっても、米大統領では初めて任期半ばで辞任に追いこまれる原因となった「ウォーターゲート事件」だ。

この事件は、1972年の大統領選挙のさなか、ニクソンの再選を策するグループが、ワシントンのウォーターゲート・ビル内にある民主党全国委員会本部に侵入し、盗聴器を仕掛けようとして未遂に終わったことに端を発する。その裁判の進展にともない、大統領自身とその側近が事件に関与しているのではないかとの疑惑が生まれ、最終的にニクソンは権力の座から追われることになったのだ。

■映画でも現実でも名悪役
ところで、ウォーターゲート・ビルに男たちが侵入した際、その現場に女子高生2人がたまたま居合わせた。彼女たちはさらに、見学に出かけたホワイトハウスでニクソンと遭遇、ひょんなことからホワイトハウスへの出入りが認められる。そしてニクソンの執務室にも通ううち、事件への彼の関与を示す決定的な証拠まで手に入れてしまうのだった。……いや、これは事実ではない。映画「キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!」(アンドリュー・フレミング監督、1999年)でのお話だ。

この映画は、キルスティン・ダンストとミシェル・ウィリアムズが演じる、いかにも政治とは縁遠い女の子を主人公とするコメディである。それでいて、事件やニクソンについてポイントをきっちり押さえているのが面白い。

あわせて読みたい

  • 原発、尖閣諸島、新幹線……みんな角栄からはじまった。没後20年、田中角栄の功罪を検証

    原発、尖閣諸島、新幹線……みんな角栄からはじまった。没後20年、田中角栄の功罪を検証

  • アンディ・ウォーホルとは20世紀最大の宗教画家ではなかったか

    アンディ・ウォーホルとは20世紀最大の宗教画家ではなかったか

  • 長瀬智也主演「クロコーチ」が挑む3億円事件は、なぜ何度もドラマ化されるのか

    長瀬智也主演「クロコーチ」が挑む3億円事件は、なぜ何度もドラマ化されるのか

  • オバマとマリオが世界を変える!?『ゲーミフィケーション』

    オバマとマリオが世界を変える!?『ゲーミフィケーション』

  • レビューの記事をもっと見る 2014年4月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら