bit

日本のパン粉が米国で人気急上昇中の理由

日本のパン粉が米国で人気急上昇中の理由
コストコには大きい袋に入った、pankoのチキンナゲットやらチキンカツなどが目に入る
揚げ物と言えば、思い浮かぶのは「天ぷら」・「フライ」・「唐揚げ」……
最近では健康ブームからか、油を使わずにトースターなどで焼くように調理したり、卵を使わずに水でパン粉を付けたりするような代替案をよく聞くようになった。
しかし、フライには欠かせない「パン粉」。これはなかなか代用が難しいのではないだろうか?

揚げ物は避けている、という人も多いとは思うが、罪悪感の少なさから順位をつけると、1位はフライだと勝手に思う。フライは、カロリーはあるのだろうが、そのサクサク感が軽さを演出している。コロッケなどは野菜がふんだんに使われているし、揚げてあるとはいえ油っぽさを感じさせない。これもパン粉のお陰なのだろう。

そんなパン粉さま、最近米国で人気急上昇中。
シカゴの4つ星ホテル「ソフィテルシカゴ」内レストラン、「The Palm」のランチメニューを見てみると、
「Wasabi and Panko Crusted Ahi Tuna Steak(パン粉とワサビでカリカリサクサクにしたツナステーキ)」 として登場している。

パン粉が人気を得る前は、米国でフライを作るときは缶に入った「ブレッドクラムス」というものが主流だった。ブレッドクラムスは、パン屑をもっと細かくサラサラにしたような粉にハーブやらが混ざったものだ。
ブレッドクラムスの和訳がそのまま「パン粉」なのは言うまでもないのだが、実際のものはまったくの別物なのでわざわざ「panko」という日本語を使用しているのだろうと思う。

あわせて読みたい

  • 「揚げずに○○」がつくれるのはなぜか

    「揚げずに○○」がつくれるのはなぜか

  • 家庭用電気フライヤーでつくりやすい揚げ物は?

    家庭用電気フライヤーでつくりやすい揚げ物は?

  • パリで連日行列する噂の日本食

    パリで連日行列する噂の日本食

  • コネタの記事をもっと見る 2014年5月2日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース