アジアンリゾートの中でも、穴場感あふれるベトナムのビーチリゾート。最もポピュラーなのはベトナム人ハネムーン定番地でもある“ニャチャン”だが、他にもいろいろなビーチがある。

なかでも最近急ピッチで開発が進み、人気が高まっているのがフーコック島だ。“ベトナム最後の秘境”とか、“ベトナム最後の楽園ビーチ”なんてキャッチコピーで紹介されていることが多く、なんだか旅心を誘われるのだ。
ベトナム最後の秘境、フーコック島へ行ってきた

フーコック島は、ベトナム南西部にあり、カンボジアにもほど近い。人口9万3000人、面積は589平方キロメートルで、だいたい淡路島と同じくらいだ。島全体の7割が国立公園に指定されているという風光明媚な島である。

数年前に出来たばかりだという空港はピカピカで、ホテルへ向かう道すがら、そこかしこで工事をしている様子が見られた。これからどんどん発展していくのだろう。それでもメイン通りを少しそれると、舗装されていない赤土の道路が続き、素朴な光景が広がる。旅行者としては、そんな昔ながらの雰囲気になぜかホッとしてしまう。

島にはまだスーパーもないから、地元の人はユーンドン市場という朝市で買い物をする。この島でも基本的に人々の移動手段はバイク。市場でもバイクに乗ったまま買い物をする人が大半で、のどかな島の中でも、ここだけはベトナムらしい活気に満ち溢れている。
ベトナム最後の秘境、フーコック島へ行ってきた

ベトナム最後の秘境、フーコック島へ行ってきた

秘境リゾートゆえに、ホテルでのんびりするのがフーコック島の基本的な過ごし方。アクティブ派なら、フーコックのすぐ南にあるアントイ諸島まで足を延ばし、釣りやシュノーケリングを楽しむのもオススメだ。私もボートをチャーターしたツアーに参加し、伝統的な方法で釣りをしたり、ウニ三昧(!)のランチを楽しんだ。生ウニはライムを絞って食べるベトナムスタイルが最高に旨い。さっぱりしていていくらでも食べられそうだった。ちなみに1個2万ドン(約100円)。