review

第二次世界大戦でマークされた日本のスパイ僧侶、波乱の人生

       
〈反間諜者の疑いあり〉とマークされていた男は、僧侶だった。
戦国時代に忍者が変装していたとかならわかるけど、舞台は第二次世界大戦下のヨーロッパ。
そこで僧侶が、日本政府に反間諜者=スパイ疑惑をもたれていたのだから、変な話だ。

疑われていた人物の名は梅田良忠(りょうちゅう)。
ヨーロッパでは、朝日新聞の通信員を自称。軍部に要注意人物とみなされていたが、終戦直前に帰国。戦後は関西学院大学教授も務めた。
1961年に病死したときの新聞の記事も簡素なもので、波乱万丈だったはずの人生は謎に包まれたまま。
その実像を明らかにした評伝が、本書『ポーランドに殉じた禅僧 梅田良忠』だ。

著者の梅原季哉(うめはらとしや)はあとがきの中で、〈こんなすごい人がいた、ということをとにかく伝えたかった〉と書く。
すごかったのは、なにも僧侶でスパイというもの珍しさだけではない。

1943年11月末から12月はじめにかけて、ソビエト連邦・アメリカ・イギリスの三国首脳がテヘランで会談をもつ。そこではソ連が、ドイツ降伏後の対日参戦をアメリカとイギリスに約束していた。
この機密情報を入手してブルガリアの日本公使館に伝えたのが、梅田良忠だったのだ。
にしても、である。日本人の僧侶が、そもそもなんでブルガリアにいたのか?

梅田良忠は1900年に東京・日本橋で、弁護士の息子として生まれる。
早くに父を亡くし、6歳で出家。中学から曹洞宗の学校に通った。
西洋文化にかぶれたバイオリンが趣味の青年は、1922年に大学を出て成人僧になるとすぐ、ヨーロッパへ渡る。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。