bit

パリにある銭湯はさまざまな人生が交差する場所だった

       
フランス人は風呂が好きでない国民として有名だ。気候が乾燥していて、日本ほどベタつかないということもあるが、日本人のような感覚で風呂に入ることはない。かつて太陽王とたたえられたルイ14世も、風呂嫌いでほとんど体を洗ったことがなかったという逸話もある。そのようなお国柄なので、日本の銭湯に代表されるような、公衆浴場の類いはないだろうと勝手に思い込んでいた。
ところがパリ市内には、市営シャワー室が至るところにあるという。風呂好きでもないフランスに公共シャワーがあり、しかも無料で使えるとは! 一体どんなところなのか、バスタオル片手に一風呂浴びてきた。
パリにある銭湯はさまざまな人生が交差する場所だった

パリ市内に市営浴場は17カ所ある。今回は市内サンルイ島にある浴場を訪れた。サンルイ島といえば、ノートルダム大聖堂が鎮座するシテ島の隣にあり、ブルジョワな人々が住む地区として有名だ。このような場所にも市営浴場があったのか……。建物へ入ると、見慣れない姿のアジア人が来たので、受付のおばさんは少し戸惑ったが、すぐに「シャワーかい?」と聞かれたので「ウイ」と返事をし、シャワー室へ続く階段を上がった。

シャワー室は男女別に別れていた。各シャワーも更衣室と一体になった1つのキャビンになっているので、プライベートも完全に確保されている。シャワーはプールなどに見られるヘッドが上方に固定されているタイプだ。お湯も豊富に出て、勢いも強い。石けんやシャンプー、タオルは備わっていない。パリは給湯設備が貧弱な家も多いので、市営浴場を使った方がマシな場合もあるかもしれない。使用時間は1人20分。訪れる前は、不特定多数の人が使うので汚いかもと身構えていたが、清掃員が頻繁に行き来しているため、そのようなこともあまりなかった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。