bit

傘を逆さまに開くようにしたら、自立するし、周りをぬらさなくなった

傘を逆さまに開くようにしたら、自立するし、周りをぬらさなくなった
間違ってません。こういう傘です。
もう、梅雨始まってますか? そうでしたか。だって、雨が多いですもんね。この前なんか雨風が強すぎて、傘が裏返っちゃったりして。アタマ来て傘を放り投げて、「こっちの方がラクだ」とか言ったりして(もちろん後で拾いました)。いや、でも、あなたズブぬれですから……。

ちょっと、待て。朗報、来ました。「アッシュコンセプト」によるオリジナルブランド「+d(プラスディー)」が今年の2月より発売している『アンブレラ(Upside Down Umbrella)』が、ちょっとイイんです。

では、動画をご覧ください。……おわっ、まさにアップサイドダウンしてるじゃないですか!

動画が再生されない場合はこちら

でもコレ、元からなんです。わざとやってる。じゃあ、なんでこんな事をしているの? いや、逆さまにすると、以下のようなメリットが生まれるらしいんです。
●傘を差しやすい
●自分の服や荷物、また混雑した電車内などでは人をぬらさず、迷惑をかけずに済む
 (傘を閉じた時、ぬれた面が内側になるので)
●傘立てなしでも自立する
 (傘を閉じた際、骨が下になるので)
●強い風が吹いても、傘が裏返ったり壊れたりしにくい
 (内側から風であおられても、この傘なら方向的に閉じるだけなので)

しかし、あまりにも風変わりだな……。
ちなみにこの傘を開発したのは、デザイナーの梶本博司氏。
「梶本さんが学生時代、電車の中でぬれた傘を見てビビビっとひらめいて考案した傘です」(同社・担当者)
なんと、開発には数十年を要したとのこと。苦心の末の完成だが、ここまで長くかかったのには理由がある。最も苦労したのは「なかなかこのような傘を作れる職人が見つからなかったこと」だそうだ。

そんな『アンブレラ』の価格は、9,000円(税別)。同社のウェブサイトか、同社直営店「KONCENT」(東京都台東区)にて購入できます。

「洋服をぬらす心配がなく、ストレスがなくなったという声を頂戴します。また自立に関しても、電車内で座っている際やATMなどでちょっと傘を置きたいとき、倒れる心配がないのがとても良いようです」(担当者)

逆さまにすると、とても良かったですか! ナイスひらめきだ。
(寺西ジャジューカ)

あわせて読みたい

  • 一方向だけ出っ張った、“しずく形”の傘

    一方向だけ出っ張った、“しずく形”の傘

  • 持つ人をスナイパーに見せてくれる傘

    持つ人をスナイパーに見せてくれる傘

  • レタスみたいな傘

    レタスみたいな傘

  • 男性も使える遮光率100%日傘を使ってみました

    男性も使える遮光率100%日傘を使ってみました

  • コネタの記事をもっと見る 2014年6月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。