日本で“60年代女の子映画の決定版"として人気の高いチェコ映画『ひなぎく』が、今なお熱い。今年5月、渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映された際には連日立ち見の大盛況。各地での上映も満席が続き、続映希望の声に応え、早くも渋谷のシアター・イメージフォーラムでは7月12日(土)~8月1日(金)、名古屋シネマテークでは8月23日(土)~8月29日(金)と立て続けにアンコール上映が決まり、新たに広島のシネマ尾道でも9月13日(土)~19日(金)の上映が決まったという。

“マリエ"という同じ名前を名乗る、2人の女の子を主人公にした斬新なストーリーに、実験的な映像、おしゃれな衣装や音楽のセンスなど、いつ見ても新しく、アートやファッションに敏感な女性たちを中心に絶大な人気を誇るこの作品。1990年代に流行した渋谷系カルチャーの源流のひとつとも言われている。

私も15年くらい前に見て、斬新さに驚いたのだが、正直なところ、深いところまでは理解できていなかった。『ひなぎく』が今も変わらず人気があるのはなぜなのだろうか。配給会社チェスキー・ケーのくまがいマキさんに、この映画に関するお話を伺った。
――まず、60年代に制作された映画『ひなぎく』が、日本で今も多くの人に人気があるのは、なぜだと思われますか?
私が『ひなぎく』を初めて見た80年代は、日本が右肩上がりの時でした。劇場初公開の1991年はバブルがはじける直前、そして、平成不況が始まり、2001年にはツインタワー爆破、ぬれぎぬ的なイラク攻撃、自衛隊派遣と、日本がだんだんキナ臭くなる。ある意味で残念なことですが『ひなぎく』が社会性・政治性の面でも理解されやすくなっているように思います。また、時代とは関係ないことですが、「女の子」には社会的に居場所がないものなんです。母や妻、キャリアを積んだ職業人としての女性には、居場所があります。でも『ひなぎく』の主人公2人のような人間には居場所なんてなく、彼女たちも実はそのことに気付いているし、気付きながら闘い、脅えてもいる。2人の振る舞いに憧れるにしろ、身につまされるにしろ、居場所のない感覚に共感を覚える人は一定以上いますし、そういう人々にとってこの映画はワン・オブ・ゼムではなく、特別な、必要な映画になるのだと思います。