bit

欧州の剣道強国フランスを陰で支える日本人防具職人

欧州の剣道強国フランスを陰で支える日本人防具職人
防具修理をする多田さん
フランス剣道界で、防具の修繕活動を地道に行っている日本人がいる。宮崎県出身で、剣道防具の輸出業・株式会社日本武道宮崎を営む多田竜三さんだ。自身も剣道6段の腕前である多田さんは、年に5、6回は渡欧し、現地剣士のために防具修理を続ける唯一の存在である。

スポーツが世界で広がる時に、用具の扱いやすさは1つのポイントになる。例えばボールさえあれば形になるサッカーと異なり、野球はグローブやバットなどサッカーと比べて必要な用具が多く、費用がかかる点で普及はしづらい。フランスで柔道は国民的スポーツの1つになっている。
剣道についても、フランスは他国に比べて盛んであり、欧州内を引っ張る存在である。しかしサッカーと野球の例に同じく、ここでも用具の問題が生じる。柔道の場合、道着一着で稽古を始められるが、剣道には竹刀と防具がひととおりいる。ほころんだ箇所も、針と糸で比較的簡単に修繕できる柔道と異なり、剣道の防具修理は素人にはなかなか難しい。

海外における剣道は、防具という観点から見た場合にどのようなものなのか。多田さんにフランスでの防具事情を聞いてみた。

――海外で剣道防具の修繕を始めたのはいつですか?
1999年に、大学の剣道カリキュラムでハンガリーとフランスを訪れたことがきっかけでした。現地で稽古をした際に、現地の剣士が使っている防具に粗悪品がとても多いと感じたのです。もちろん修理環境が日本のように整っていませんから、防具が皆ボロボロなのは仕方ないことではあるのですが……。私は実家が防具屋だったこともあり、幼い頃から修理方法を教わっていました。そのため、壊れた防具をその時は現地で修理しました。以来、現地で防具修理を重ねていくうちに、剣道を海外で広めるには防具の充実が不可欠だと思い始めたのです。

あわせて読みたい

  • 今夜「タモリ倶楽部」に出演! 八重歯の前川やくが語る、剣道美少女のフェティシズム

    今夜「タモリ倶楽部」に出演! 八重歯の前川やくが語る、剣道美少女のフェティシズム

  • コネタの記事をもっと見る 2014年7月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース