bit

「夢」は持つべき? 捨てるべき?

ネット編集者、中川淳一郎は夢を抱かない。

2009年に出版した『ネットはバカと暇人のもの』がベストセラーになり、以降その過激な言動でネットを中心に耳目を引き続けてきた中川淳一郎の新刊のタイトルはまたまた刺激的だ。

『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』(星海社新書)

攻撃的なタイトルは彼のパブリックイメージを体現しているが、“良識派”が顰蹙するその過激さとは裏腹に、本書は真摯で誠実な仕事論である。

「夢」だなんだと言っても結局は「カネ」と「名声」に行き着く、冒頭から中川は毒づく。しかも夢を叶えられるのは、ごくごく少数の特別な才能のある人だけで、下手に夢を追い求めた人は悲惨であるといい、絵空事の夢を捨て現実的に達成したい目標を持つことこそが大切だと説く。

実際の仕事の現場は、夢とはかけ離れた卑近で矮小な行動原理に基づいていると続ける。仕事の本質とは「生活のため」と「人から怒られないように」するためにあるというのだ。

「怒られないように」の下りは一見露悪的で悪ふざけのすぎる中川節にすぎないように聞こえる。しかし、彼自身が博報堂勤務時代に日本や世界有数の企業を相手に経験したエピソードを読み進めていくと、存外正鵠を射ているのではないかと思えてくる。

世界的な外資系企業の担当者からの無理難題を断ろうとすると、「困ります!(やらないと上司が)怒るんです!」と絶叫されたり、日本有数の企業の部長が大きなプレゼンの時にボタンを押し間違えるという単純ミスを犯すと、部長に恥をかかせてはいけないと忖度した課長が博報堂のせいにし、大げさにも経緯説明書と謝罪を要求したといった具合だ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク