夫以外の男性と恋をする〈昼顔妻〉と呼ばれる女たちの物語「昼顔〜平日午後3時からの恋人たち」(フジテレビ木曜22時〜)。
ちょっと淫靡な展開と、吉瀬美智子演じるベテラン昼顔妻の含蓄ある名台詞が話題ですが、8月14日放送の第5話では、
「いい、いい、いい、すごいいい」
上戸彩がこんな台詞を吐いちゃうんですよ。びっくりしましたねー。

と、ここだけ切り取ると問題台詞ですが、これには前後がありまして。上戸彩演じる紗和が、気になる理科教師・北野(斎藤工)ととうとうホテルに入り、でもまだ一線を越えるかどうしようかと迷っているとき、窓外の道のある地点を最初に通ったのが男か女かで道を選択する賭けをして、男や女が歩いてくるのを固唾をのんで見守りながら、
北野「あ。男」
紗和「やった」
北野「え?」
紗和「ん?」
紗和「来い、来い、来い!」「男! いいぞ、いい、こっち来い」「いい、いい、いい、すごいいい」
などと言うのです(一部略しています)。期待した方(何を?)、すみません。

男が通ったら先に進む。女だったらこのまま。という賭けで、紗和はなんだかんだ言いながらも、男が通ることを期待しているのでした。

結局、ふたりは結ばれますが、ロマンチックなそのシーン@ベッド よりも、道ならぬ恋なんて・・・とためらっていた紗和が次第に自分の本音を見せて、今までにない開放的な笑顔を見せていく、この窓辺のシーンは名シーンであります。
やらしい映像にありがちな台詞を、普通の会話にさりげなく盛り込むなんて、脚本家・井上由美子の遊び心を見た思いです。