bit

富山の「ドラえもん」から沖縄の「マブヤー」まで「ご当地学習帳」の世界

今、ゆるキャラグッズと共に全国のお土産さんでジワジワ増えてきている「ご当地学習帳」。一口に「ご当地学習帳」といってもさまざまなようで、その魅力を学習帳ファンの藤村阿智さんに伺った。

富山の「ドラえもん」から沖縄の「マブヤー」まで「ご当地学習帳」の世界

――藤村さんが「学習帳」に興味をもつようになったきっかけは?
「『ジャポニカ学習帳』(ショウワノート)が好きで、子どもの頃からずっと使っていて、そこから派生していきました。今でもアイデアを書いたり、漫画の下描きを描いたり打ち合わせに使ったりしています」
「ジャポニカ学習帳」……もはや説明不要と思われるが、念の為おさらいしておくと、1970年発売。累計販売数は12億冊以上を誇る驚異のノートだ。
「基本は子どもが使うノートなので丈夫で破れにくいし、糸でとじられているのでノートを360度開いた状態で使えるのも嬉しいです。紙も鉛筆で書きやすい紙を使用してるんですよ」

藤村さんは「ジャポニカ学習帳」を使っているうちに、いろいろなデザインの学習帳を集めるようになったという。観光地のお土産として販売されている学習帳パロディノートも、内容が面白いものは購入しコレクションしている。
では、藤村さんが所有している「ご当地学習帳」の一部を紹介。

●(富山)「ドラえもんトラムじゆうちょう」
富山の「ドラえもん」から沖縄の「マブヤー」まで「ご当地学習帳」の世界

「ドラえもんトラム」は、藤子・F・不二雄氏が生誕し幼少時代を過ごした富山県高岡市で運行されている路面電車。「ドラえもんトラムじゆうちょう」は「ショウワノート」が製造。高岡市はまさに「ショウワノート」のお膝元であり、ノートには「ドラえもんトラム」の秘密や、高岡市の案内が紹介されており、もちろん「ショウワノート」の本社の紹介も掲載されている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク