bit

なぜ香川県直島にフランス人が大勢やって来るのか? 

なぜ香川県直島にフランス人が大勢やって来るのか? 
草間彌生作品「南瓜」は直島のシンボル的存在だ(写真:安斎重男)
8月30日から10月18日まで、パリの老舗百貨店ル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュで「ル・ジャポン・リヴ・ゴーシュ」と題した企画展が行われている。伝統工芸の老舗店やBEAMS、東急ハンズなどの他に、カルチャー部門のメーンゲストとして、アートの島として有名なベネッセアートサイト直島と建築家・安藤忠雄が招かれた。

直島は瀬戸内に浮かぶ島の1つだ。隣接する豊島、犬島と共に、ベネッセホールディングスと福武財団によって、「ベネッセアートサイト直島」としてアート活動が行われている。数多くの作品が屋外、美術館、 古民家などに置かれ、直島は安藤忠雄の建築や李禹煥、ジェームズ・タレル、草間彌生、クロード・モネなどの作品が、豊島ではクリスチャン・ボルタンスキーのインスタレーションや、内藤礼と西沢立衛による豊島美術館、横尾忠則と永山裕子による豊島横尾館などが、犬島では長谷川祐子と妹島和世による犬島「家プロジェクト」などが鑑賞できる。地方の一地域で、これほどの名前が並ぶことはまずない。

パリのイベントでは、ル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュの3階部分に安藤忠雄が設計を手掛けた直島の建築を再現して、直島を体感できる空間を作り上げた。そこにエコールブール国立工芸学校の学生によって再現された模型に、映像・ライト・音を駆使したプレゼンテーションが加えられた。同館1 階の展示「スマイル」では、仏フォトグラファー・ガブリエル・ド・ラ・シャペルとカンタン・ラベイが、3島をまわって収めたフォトビデオを飾り、アートによって島が活性化し島民に戻ってきた笑顔(=スマイル)を表現した。

あわせて読みたい

  • 超シュール! 異色さぬきうどん「塩なき子」

    超シュール! 異色さぬきうどん「塩なき子」

  • 香川県民は、やっぱりうどんばかり食べているのか?

    香川県民は、やっぱりうどんばかり食べているのか?

  • コネタの記事をもっと見る 2014年9月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース