bit

現代っ子はモノがないと遊べなくなってるの?

「遊びと言ったら、ゲームばっかり。公園に行っても結局ゲームしてるんだから!」なんてお母さんたちのお小言を聞く機会、ありませんか。
確かに、自分たちが子どもの頃は、秘密基地を作ったり、木に登ったり、ただ泥団子を日々磨きまくってカチカチにしたり、ひたすらおしゃべりして過ごしたもの。
現代っ子って、モノがないと遊べなくなってるの? 精神科医で「ゆうメンタルクリニック」総院長の、ゆうきゆう先生に聞いた。

「昔から物を使って遊ぶことが当たり前になっていると、どうしてもそういったことは起きてくると思います。『あれが欲しい』と言われて買い与えれば、確かに子供は喜びますし、すぐに遊び始めますよね。また、ほとんどの場合は『こうやって遊ぶのよ』と大人がついて遊ぶでしょう。しかし、それでは、与えられたもので教えられた通りに遊ぶことしかできませんよね」

本来子供たちは「大人が思いつかないような遊び方をする」ことで想像し、創造する力を育ててきたもの。
だが、同時にそれは危険なことでもあった。
「打ち上げ花火を武器に戦争ごっことか、段ボールを駆使して秘密基地を作るとか、そういった失敗や自分で何かを工夫しながら大きくなることで、物事に対して『予測』や『想像』をすることができるようになります。ゲームでは、少なくともソフトに関してはマニュアル通りの遊び方しかできないし、用意されたストーリーの中でしか進行していかないもの。なかには、ゲームの液晶など構造に興味を持つ子もいるかもしれませんが、ただマニュアル通りに遊んでいるだけではそういった事にすら意識が向かないものです」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク