bit

印鑑を押すなら朱肉か赤スタンプか、その違いはどこ?

印鑑を押すなら朱肉か赤スタンプか、その違いはどこ?
案外、家には朱肉ってなかったりしませんか?
印鑑を押すときは、朱肉を使うもの。と、学んだのはいつの頃か。どっちも同じ赤だし。と、書類に押す印鑑に赤のスタンプ台を使って怒られた新入社員は意外と多いらしい。

そこで、赤のスタンプ台と、朱肉。どう違うのかをシヤチハタさんに伺ってみた。

かつては指を切り、自らの血をもって印とした時代もあった。朱肉という響きにはそんな時代をうっすらと感じさせる。同じ赤色だが、朱肉と赤スタンプはどう違うのか。ただ色味が違うだけなのだろうか。
「成分はもちろん、色も異なります。色合いはスタンプ台の朱色の方が朱肉に比べて、やや明るいオレンジっぽい色合いです。朱肉の方が重厚感を出す為に、朱赤に近い色合いとなっています」
それだけではない。
「朱肉は一般的に、印影の長期保管を目的としているため、色材に高級顔料を使用しております」
書類にしっかりと陰影を残すため、長期的に色の変わりにくい顔料を使用。さらに、印材に負荷を与えない植物性の不乾性の油(油脂)を使用し、かつ印鑑につきやすい粘度を考えて作られているという。

一方、スタンプ台のインクは「長期保管よりは、素早く乾燥する事を主眼としておりますので、顔料の粒子を細かくして、紙面に入り込み易くしております」
さらに、ゴム印を使って捺印することをメインに考えられているため、素材はゴム材に影響を与えにくい材料を用いて作られている。
使われる素材によってインクの素材も変えているので、赤のスタンプ台に印鑑を使用するとノリが悪い、色が薄くつくといったデメリットだけでなく、印材を傷める危険性まであるそうだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。