bit

あまり知られていない「打撃投手」の過酷さ

あまり知られていない「打撃投手」の過酷さ
「用具係 入来祐作 ~僕には野球しかない~」 打撃投手としての初日の感想―――“死ぬかと思った”―――
戦力外通告――これは、プロスポーツ選手であれば、誰もが経験しうることだ。先月また、1人の男、しかも最多勝を取ったこともあるほどの投手が、戦力外通告を受けて現役生活に別れを告げた。

男の名は、藤井秀悟。2001年にヤクルトスワローズで最多勝を取り、チームの日本一にも貢献した選手だ。また、選手としてだけでなく自身の書くブログが話題になることも多い(最近だと、元極楽とんぼの山本が写っていて話題になった)。そんな彼らしく、ファンへの引退報告もブログで行い、多くの野球ファンの感動を誘った。

さて一部報道では、藤井氏は引退後、巨人の打撃投手になるのではないか言われている。
この打撃投手の仕事を簡単に言えば、「打撃練習をするバッターに対し、打ちやすいようにボールを投げる」仕事だ。これだけ聞くと簡単なように思える。ましてやプロでも活躍したレベルであれば、取るに取らないことではないか、と。

しかし、『用具係 入来祐作』という本を読むと「打撃投手は簡単」という考えが誤りであったと気づかされる。
「入来祐作」とは、巨人にドラフト1位で入団し、2001年に13勝を上げるなど活躍を見せた選手(この年、終盤まで最多勝争いをしていたが、1勝の差で先述の藤井氏に敗れて最多勝を逃している)。その後、2008年に横浜ベイスターズ(現・DeNAベイスターズ)から戦力外通告を受け、打撃投手、用具係と裏方に従事し、来期からはソフトバンクホークスで3軍の投手コーチになることが決定している。

あわせて読みたい

  • 貴重な"甲子園の土" 通販で購入可

    貴重な"甲子園の土" 通販で購入可

  • 「アンチ巨人」は今も健在か

    「アンチ巨人」は今も健在か

  • 横浜DeNAベイスターズ公式ビジネスアイデア本『次の野球』

    横浜DeNAベイスターズ公式ビジネスアイデア本『次の野球』

  • ケアの技も超一流! プロ野球の選手寿命が長いワケ

    ケアの技も超一流! プロ野球の選手寿命が長いワケ

  • コネタの記事をもっと見る 2014年12月5日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース