bit

「バンクーバーの朝日」から見る伝説の野球チームの栄光と悲劇

       
妻夫木聡主演の映画「バンクーバーの朝日」が先日公開され、2週連続で4位にランクインするなど高い人気を維持している。安倍首相や高円宮妃殿下もこの映画を視聴されるなど、各方面で話題だ。

この「バンクーバーの朝日」は実際の話を元にした映画である。では、どういった話をなのだろうか。その内容を簡単に紹介しよう。

時は明治維新から20年が過ぎようとしていた頃、日本は想像以上に貧しく、明日の生活もままならない者も多かった。そこで政府は移民奨励策をとることになる。ちょうど時同じくして好景気に沸いたバンクーバー。夢を追いかけ一旗あげようと者たちは自ずと海を渡り、そこに移り住んだ。このような経緯で日系1世となった彼らの子ども、つまり日系2世たちがこの話の主人公たちだ。

移民奨励策からいくらか年が経ち、バンクーバーにできた日本人街に定住する日系人が増えた頃、「子どもたちの野球クラブをつくろう」との提案がある者からなされた。この時はまだ誰も知る由がないが、このチームは後に伝説として語り継がれる「バンクーバー朝日軍」となる。

■「バンクーバー朝日軍」が伝説として語り継がれるのはなぜ?
その理由としてまずは、チームとしての強さが挙げられる。大人の白人チームに圧勝することも珍しくなく、何度も上位リーグ優勝を果たすなど、その強さはカナダ全土に知れ渡っていた。
また、強さだけでなくその「勝ち方」も白人の印象に強く残るものであった。エラーや四死球で出たランナーをバントやエンドランで送り、スクイズで点を取る。また、時にはランナーが意表をついたダブルスチール。そしてそつのない守備。さらにはプレー以外の面でも「大和魂と武士道精神を忘れるな」という教えの元、審判への抗議をせずに正々堂々戦う姿勢。そんな彼らの戦いぶりは日系人のみならず白人をも魅了したのだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。