bit

中南米の美食がアツイ! 「メキシコ料理の父」のラテンレストランが日本上陸

世界一のレストラン「ノーマ」がデンマークから期間限定で日本にやってきて話題になっている。一昔前まで美食のイメージが薄かった北欧だが、いまや世界が注目する美食エリアとなった。

そんな北欧に続いて、数年前から評価が高まっている美食エリアが中南米だ。ノーマが1位を獲得した英『レストラン』誌のランキング「世界のベストレストラン」でも、ペルーやブラジル、メキシコといった中南米のレストランは上位の常連である。

南米料理の中でも、日本人に比較的なじみ深いのはメキシコ料理だろう。トウモロコシを主食とし、タコスやファヒータなどおなじみの料理も多い。2013年には和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたが、メキシコ料理は一足先に2010年に登録されていた。

中南米料理を出す店は日本にもあるが、メキシコ料理以外はかなり少ない。かといって、現地まで行くには遠すぎる……。そんなふうに思っていたところに、世界各地にファンを持つ本格的な南米料理のレストランが日本に上陸するという朗報が! それが東京・銀座に昨年12月にオープンした「TORO TOKYO(トロトーキョー)」だ。
中南米の美食がアツイ! 「メキシコ料理の父」のラテンレストランが日本上陸
「TORO TOKYO」外観。オシャレな雰囲気だが堅苦しくなく、気軽に立ち寄れる

オーナーシェフのリチャード・サンドバル氏は「メキシコ料理の父」と呼ばれる有名シェフ。メキシコシティに生まれ、世界一の料理学校といわれるニューヨークの「カリナリー インスティチュート オブ アメリカ」を卒業。1997年にニューヨークにモダンメキシコ料理レストラン「MAYA(マヤ)」を開業し、今ではアメリカのみならず、母国であるメキシコや、カタール、香港など世界各地で店舗を展開。アメリカン航空の機内食も手掛けるなど活躍の幅は広い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク