review

ベルばらファンも必見。宝塚雪組公演「ルパン三世」を観てきたレポ

ベルばらファンも必見。宝塚雪組公演「ルパン三世」を観てきたレポ
宝塚雪組公演『ルパン三世 ―王妃の首飾りを追え!―』公式HPより
昨年8月末、1枚の画像がインターネットのあちこちでシェアされて、大きな反響を呼んだ。
「宝塚でルパン三世?wwwwww」
そう、あの宝塚歌劇団で『ルパン三世』を舞台化するというのだ。画像はそのポスターだった。中央には宝塚風メイクをバッチリ決めて赤いジャケットを羽織った男役スター。周囲にはもちろん、次元大介、石川五ェ門、峰不二子もいる。さらに、あのガニ股でダミ声の銭形警部まで、宝塚スターが完全再現! その振り切った表情も話題になった。

そして季節は流れて2015年、ついに宝塚雪組公演『ルパン三世 ―王妃の首飾りを追え!―』が初日を迎えた。まずは本拠地である宝塚大劇場での公演を終え、2月20日から3月22日まで東京宝塚劇場での公演が行われる。筆者は幸運にも初日公演の直前に行われたゲネプロを見ることができた。いや、これがすごかった!

今回の宝塚版『ルパン三世』は、脚本と演出を兼ねる小柳奈穂子による完全オリジナルストーリー。ルパンに扮するのは雪組の新たなトップスター・早霧せいな(さぎり・せいな)、ヒロインのマリー・アントワネットは同じく雪組の新たなトップ娘役となる咲妃みゆ(さきひ・みゆ)が演じる。
『ルパン三世』は雪組トップスター、トップ娘役としてのお披露目公演であり、また宝塚歌劇101年目の最初の公演でもある。要するに、非常に力が入っているのだ。

最初の舞台は現代のフランス。ベルサイユ宮殿では長らく行方不明だった“マリー・アントワネットの首飾り”の展示が行われていた。時価30億円にも上るお宝を狙うのは、天下の大泥棒、ルパン三世とその一味。予告状を受け取った銭形警部もルパン逮捕に執念を燃やしている。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース