「ずーっとカズが大きゅうなるたびに、自分の同じ頃とお前を重ねて見とったんじゃ。
いつじゃってわしのほうがしっかりしとったがの。
もし、こんなひよわな朋輩がいたら世話が焼けてかなわん。そう思っとった」(忠さん/香川照之)


ドラマ「流星ワゴン」(TBS)最終回(3月22日放送)では、主人公・一雄(西島秀俊)と父親の生き霊である忠さん(香川照之)が最後の時間を過ごした。忠さんは息子である一雄を幸せにできなかったことを悔やみ、「わしらは親子としてはいけんかったけど、朋輩だったらどうじゃったろう」と思っていたと語る。その未練が同い年の生き霊となって現れたのだ、と。

一方、原作小説では「親子って、なんで同い年になれないんだろうね」「今度もし、魔法にかかるんだったら、広樹に会いたいよ。あいつが三十八になったとき、いまの僕が会いに行けたらいいな」と繰り返し語っていたのは一雄のほう。忠さんは「……なにアホなこと言うとるんな」と笑い飛ばしていた。

原作小説とは異なる演出もふんだんに盛り込まれた、今回のドラマ。旅の最後を締めくくるやりとりも、原作とはずいぶん趣が異なっていた。原作との違いに一喜一憂するのも原作つきドラマの面白さのひとつだ。印象に残るシーンを振り返ってみたい。

■「この世でいちばんお前のことをおもうてきたんわ、このわしじゃ」(忠さん)

別れが刻一刻と近づくなか、思いのたけを吐露する忠さん。勝負にこだわったのも、会社を大きくしようと必死だったのもすべてよかれと思っての親心だったと語り、「お前を幸せにしてやれなくて、ほんまにすまない」と頭を下げる。そして、二人並んで連れションをする。