bit

宮本慎也と井端弘和 守備の名手2人が語った共通の守備理論とは

宮本慎也と井端弘和 守備の名手2人が語った共通の守備理論とは
「意識力」
       
いつの時代もプロ野球に「守備の名手」がいる。その中でも元ヤクルト・宮本慎也と現巨人・井端弘和は、花形といわれるショートで好守備を連発した。守備が上手い選手に与えられるゴールデングラブ賞の受賞歴を見ると、それぞれセリーグ歴代ショートの2位、3位につけている。(井端が7回、宮本が6回)
この二人が守備についてどのように考えているか2人のそれぞれの著書、「守備の力」(著:井端弘和/光文社新書)と「意識力」(著:宮本慎也/PHP研究所)を通して比較したら意外にも多くの共通点が見つかった。

【送球についての考え方】


まずは、送球についてだ。肩力に関して自信の差こそあるものの、投げるためには「足の運び」が大事という考え方は共通している。
宮本:投げることに関しては自信があった。というものPL高校時代、先輩相手に打撃投手を務めた経験があるからだ。先輩相手に変な球は投げられないという恐怖心が宮本の安定した送球に繋がったのだ。とはいえ、しっかり送球するには捕り方がまずは重要であると語っており、実際にどう足を運んで捕球するかを徹底的に練習したらしい。
井端:井端は宮本と比べると投げることに関して自信がない。しかし、それを補うために足を使って捕球し、その流れのままスムーズに送球することを常に意識している。井端いわく、捕球のタイミングと足の動き合わせて良いリズムで送球に繋げれば、肩に自信がなくても良い球が投げられる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月28日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。