review

戦後70年、日本を守るのは誰か「広島に原爆を落とす日」

       
先日、天皇陛下が太平洋戦争で約1万人の日本人が命を落としたパラオのペリリュー島に慰霊のため訪問したニュースが報道され目を引いた。
戦後70年。その特別企画として、つかこうへいが79年に発表した問題作「広島に原爆を落とす日」が、4月3日、京都四條南座で幕を開け、広島、神戸、静岡、愛知とまわり、いよいよ大詰め。14日から23日まで東京池袋サンシャイン劇場で上演される。
戦後70年、日本を守るのは誰か「広島に原爆を落とす日」
戦後70年特別企画「広島に原爆を落とす日」作 つかこうへい/演出 錦織一清
出演 戸塚祥太 藤山扇治郎 早織 蔵下穂波 阿南健治  曽我廼家寛太郎ほか
主催・製作 松竹株式会社
4月14日〜23日 東京サンシャイン劇場
(C)松竹

「広島に原爆を落とす日」とはずいぶんと衝撃的なタイトルだが、これはパラレルな日本の物語だ。
1944年、日本は戦争の最中にあった。海軍少佐・ディープ山崎は、真珠湾奇襲作戦という大きな計画を立案から遂行まで担当したものの、白系ロシア人の混血という出自から、海軍作戦参謀本部から南海の孤島に左遷されてしまう。そこでは、日本が戦勝国となった暁に敗戦国の子供たちに配る納豆作りが行われていた。
戦後70年、日本を守るのは誰か「広島に原爆を落とす日」
納豆づくりに励む日本兵たち
(C)松竹

山崎には、夏枝という想い人がいる。彼女は大本営敗戦処理班の密命を受け、アメリカの原爆投下地点をドイツにすべく、ベルリンで工作活動を行っていた。
もしかしたら日本のどこかに落とされる危険性もあるこの原爆、ボタンひとつで数十万人の命を奪うおそろしい兵器で、誰もがそのボタンを押す責任を負いたがらない。結果、原爆搭載機エノラゲイに乗る人物として選ばれたのはーー
山崎だった。
山崎は、夏枝への愛と、来るべきデモクラシーへの希望を胸に、エノラゲイに乗り込む。
戦争を終わらせるため、多くの人間の思惑が絡み合い、最終的に広島に原爆が落とされることになるまでのいきさつは、あくまでパラレルワールドの日本の話であって、山崎も、彼とナチス総統・ヒットラーに愛された夏枝も実在はしない。それでも彼らの言動が強く胸に迫ってくる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。