今さらながら今年2月に3週間限定で公開されたMr.Childrenの映画「Mr.Children REFLECTION」の詳細レビューを書いていきたい。この映画は2014年に全国のライブハウスで開催したミスチル初のファンクラブ会員限定ツアーでのライブ模様を収めた内容となっている。それでは収録された演奏曲を順に振り返っていこう。

1. Everything(It’s you) 颯爽と登場したメンバーたちは4人でまずこの曲を披露した。通常のミスチルライブではメンバー以外にサポートメンバーがいるため、4人だけで演奏するのは極めて異例だ。今まで「Everything(It’s you)」はピアノ主体のアレンジも多かったのだが、今回はガッツリしたバンドサウンドでの披露となった。
ところで1曲目で感じたのはファンの一体感の凄さだ。ファンクラブ会員限定ということもあって曲中のフリなどはもちろん完璧である。

2. 旅人 続いてはこの曲。ミスチルとしての披露は「regress or progress」('96~’97)以来となる。ライブハウスということもあり、物理的にメンバー間の距離がとても近い。桜井さんがギターを激しくかき鳴らしていたのが印象的だった。

続くMCでは、桜井さんがキーボードメンバーとしてSunnyを紹介、久しぶりに桜井さんの口から「キーボードSunny(高音)」が聴けた。Sunnyの参加はミスチル単独のライブとしては2005年のツアー以来であり、ファンから「おかえり」との声も出た。最近のミスチルライブではプロデューサーの小林武史がキーボードを担当していたが、今回はそれに代わる形だ。