review

松井玲奈&AKB48の横山由依主演「マジすか学園~京都・血風修学旅行~」の鬼気迫る出来

       
先週木曜から渋谷のアイアシアタートーキョーで上演されてきたSKE48の松井玲奈とAKB48の横山由依の主演による舞台「マジすか学園~京都・血風修学旅行~」が、本日5月19日に千秋楽を迎える。17日の昼と夜の公演は全国の映画館でもライブビューイングが行なわれ、私も名古屋の劇場で観てきた。
松井玲奈&AKB48の横山由依主演「マジすか学園~京都・血風修学旅行~」の鬼気迫る出来
舞台「マジすか学園~京都・血風修学旅行~」の情報も盛りだくさんの「月刊AKB48グループ新聞」5月号は、全国のコンビニや駅売店などで発売中

この公演中に発売された「月刊AKB48グループ新聞」5月号には、主演の2人の稽古場での対談が掲載されている。それによると横山は、パンチの稽古をしていたら、演出の茅野イサムから「人殴ったことあるだろ」と言われたとか。実際には横山は人を殴ったことをないというから、よっぽど真に迫っていたのだろう。本番でも見事な殺陣を見せていた。

「マジすか学園」はもともとはAKB48グループのメンバー出演によるテレビドラマだ。2010年から12年にかけてテレビ東京系で第1~第3シリーズが、今年には第4シリーズが日本テレビで放送されている。第1シリーズの開始時期がちょうどAKB48のブレイクと重なったこのドラマは、各メンバーが周知されるにも一役買ったことは間違いない。

今回の舞台で松井演じる「ゲキカラ」はドラマの第1シリーズから、横山演じる「おたべ」は第2シリーズから登場したキャラだ。いずれも馬路須加女学園(マジ女)の最強武闘集団ラッパッパのメンバーである。この2人以外にドラマと舞台版で重なるキャラは小嶋真子の「カミソリ」と大和田南那の「ゾンビ」のみ(いずれも第4シリーズに登場)、ほかはキャラもストーリーも、ドラマの世界観を引き継ぎながらも完全にオリジナルである。なお今回の出演者は松井と客演の小林美江(ゲキカラの母親などを演じた)をのぞけば全員AKB48のメンバーで、脚本は劇団「黒色綺譚カナリア派」主宰の赤澤ムックが手がけている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。