bit

あなたの福島への思い、ありがた迷惑になっていませんか?『はじめての福島学』著者・開沼博さんに聞く2

       
3.11からはや4年以上が過ぎ、徐々に「震災」や「復興」という言葉がメディアに登場する回数が減ってきています。その中、「震災の記憶を風化させてはいけません!」と前のめり気味のアナタ、かえって被災地の人にとってありがた迷惑になっていませんか?新刊『はじめての福島学』、福島の現状をわかりやすく丁寧に解説している社会学者の開沼博さんは、同書の中でこう書いています。

あなたの福島への思い、ありがた迷惑になっていませんか?『はじめての福島学』著者・開沼博さんに聞く2
『はじめての福島学』(開沼博著/イースト・プレス刊)。福島の現状を客観的なデータを用いながら解説した一冊。冒頭にクイズ形式で記されている「福島を知るための25の数字」に加え、開沼さんが歯に衣着せずに書く「福島へのありがた迷惑12箇条」などデータ本にとどまらない読み物としての面白さも秀逸。


「福島を応援したい」「福島の農業の今後が心配だ」「福島をどうしたらいいんですか」こういう問いに対して、一つ、明確に簡明に網羅的に出せる答えがあります。それは、「迷惑をかけない」ということです。迷惑は知らぬ間にかけているものです。(中略)むしろよかれと思って、悪気なくやっていることも多い。だからこそ、こじれる。「善意」でやっていることを「迷惑かけているのでは」と指摘されると、「私は迷惑をかけていない」と反発することになる。(『はじめての福島学』より)

アナタの「善意」、大丈夫ですか?同書の終わりに「福島へのありがためいわく12箇条」として、県外の人が犯しがちな「滑った善意」が挙げられています。これが中々ドキッとさせられる内容です。

「勝手に福島を犠牲者として憐憫の情を向けて、悦に入る」
「『福島に住み続けざるを得ない人々』とか『なぜあなたは福島に住み続けるのか』とか言っちゃう」
「『福島の人は立ち上がるべきだ』とウエメセ意識高い系説教」
どうです?この他にも鋭い指摘が9つ載っているので、是非本を手に取ってもらいたいのですが、こうした傾向の裏にはメディアの報道の問題もあると開沼さんは言います。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。