「人妻の下着盗んで捨てる滝」

穂村「わざわざ滝まで行くなんて……滝への捧げ物みたい」
堀本「滝は夏の季語。滝の一句として見ると新鮮」
長嶋「せっかく盗んだのに捨てるなよ!『かぶる滝』ならいいけど」
千野「盗んでから捨てるまでが早いと思う」
米光「俺は盗んでないからね」

5人の中に、この句の作者がいる。いったい誰なのか?
男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」
会場の「浅草東洋館」。数々コメディアンを輩出した由緒正しき劇場。かつての「浅草フランス座」ではビートたけしが修行していた。

6月7日に浅草東洋館で行われた公開句会「東京マッハ」での一コマ。作者を伏せた状態で俳句を選評する「句会」をライブで行う人気イベントだ。今回で14回目。この日も会場は約240人の観客で埋まった。

登壇したのは、東京マッハのレギュラメンバー・千野帽子(文筆家)、米光一成(ゲームデザイナー)、長嶋有(小説家)、堀本裕樹(俳人)と、ゲストの穂村弘(歌人)を加えた5人。

演芸場である浅草東洋館らしく、舞台上の”めくり”に「浅草マッハ」の文字が踊る。トラック野郎をBGMに、メンバーが一人ずつ肩で風を切ってゆっくりと登場。穂村だけ照れながら普通に歩いて入ってきた。
男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」
壇上の5人。めくりの「浅草マッハ」は開場前に急遽作られたもの。「浅」の漢字が間違っているハプニングも。

開演前、観客には俳句が書かれた「選句用紙」が渡される。本日の登壇者5名が6句づつ作ったもので、計30句。しかし、誰がどの句の作者かはわからない。
男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」
選句用紙。登壇者5人×6句=30句が並ぶ。この時点では誰が作者かわからない。

この30句から「選句」をする。特選を1句、並選を6句、逆選(文句をつけたい句)を1句選ぶ。選句用紙は回収され、特選2点、並選1点で集計される。登壇者も選句を行うが、自分の句は選ばないルール。

選句が終わったら「披講」。登壇者が一人ずつ、選んだ句を読み上げる。

この記事の画像

「男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」」の画像1 「男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」」の画像2 「男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」」の画像3 「男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」」の画像4
「男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」」の画像5 「男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」」の画像6 「男だらけの噂の句会「東京マッハ」潜入レポ「人妻の◯◯盗んで捨てる滝」」の画像7