bit

再ブームのレコード  プレーヤーも1万円くらいで買えるって知ってた?

最近になって人気再燃していることでしばしばニュースになっているアナログレコード(以下、レコード)。日本レコード協会『日本のレコード産業 2015』によると、2014年のレコードの生産数は前年比149%、売上金額は166%と、その復活ぶりは数字にも表れている。

だが「じゃあ自分もレコードを聞いてみようかな」と思ったとき、二の足を踏む理由になりがちなのがレコードプレーヤーの問題。「プレーヤーって高そう」「今も新品のプレーヤーなんて売ってるの?」と思っている人もいれば、「スピーカーとかいろいろな機材をそろえるのが面倒そう」というイメージを持っている人もいるだろう。

そこで今回は、ディスクユニオン新宿 CD・レコードアクセサリー館の小林光宏店長に話を伺い、レコードプレーヤーの現状と、初心者におすすめの機種を教えてもらった。
再ブームのレコード  プレーヤーも1万円くらいで買えるって知ってた?
ディスクユニオン新宿本館2F レコードアクセサリー館のプレイヤー売り場。レコードやレコードプレーヤーに関わる様々なグッズも販売している。

まず、新しくレコードプレーヤーを買い求める人は「やはり最近とても増えている」とのこと。

「若い方を中心に『はじめてプレーヤーを買うんですけど、どれがいいですか?』と相談を受けることも多いですね。お勧めするプレーヤーは、その方の音楽の聞き方や、音質へのこだわりなどにより変わりますが、『とにかく手軽に聞き始めたい』という方にはオールインワンプレーヤーを勧めています」(小林さん)

オールインワンプレーヤーとは、スピーカーやアンプなどを内蔵したプレーヤーのこと。レコードプレーヤーといえば、スピーカーなどに配線をして聞くもの……というイメージを持っている人もいるかもしれないが、オールインワンプレーヤーなら、コンセントにつなぐだけですぐに音楽が聞けるわけだ。またオールインワンプレイヤーには、持ち運びが容易なポータブルタイプもある。

あわせて読みたい

  • 韓国の音楽ファンが集まった「ソウルレコードフェア」に行ってきた

    韓国の音楽ファンが集まった「ソウルレコードフェア」に行ってきた

  • 昭和のハイセンスなレコードデザインの世界

    昭和のハイセンスなレコードデザインの世界

  • レコード化のススメ

    レコード化のススメ

  • レコードでリリースするメリットはあるのか

    レコードでリリースするメリットはあるのか

  • コネタの記事をもっと見る 2015年6月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース