review

園子温「ラブ&ピース」イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放される

自身の集大成という「ラブ&ピース」をつくった園子温監督。いつか見ていろと鬱屈した思いを抱える主人公は、園監督の分身のようなもの。この役を、長谷川博己がリミッターを全力で振り切って演じている。近年、園監督作品に出演する俳優は、圧倒的に魂を揺さぶる波動を出す。長谷川をはじめ、綾野剛、鈴木亮平、染谷将太、二階堂ふみ、満島ひかり、吉高由里子……若い俳優たちの潜在能力はどうやったら引き出せるのか、その方法を知りたい。
前編はこちら
園子温「ラブ&ピース」イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放される
6月27日(土)TOHOシネマズ新宿ほか
全国ロードショー

あそこまでへんな人じゃないです


──さて、自身を投影した「ラブ&ピース」の主役に長谷川博己さんを起用したわけは。
 「地獄でなぜ悪い」(14年)をいっしょにやったので、もう1本やるのが自然な流れだったという感じでしょうか。

──鬱屈しまくった鈴木にはかなりご自身が投影されているんですか。
 ん〜〜、まあ、あそこまでへんな人じゃないです(笑)。

──長谷川さんがそうとうエキセントリックな芝居をしています。
園「地獄でなぜ悪い」で既にかなりへんな感じになっていて、ぼくとやるときはへんな感じっていうのが、彼のなかで確立されたんでしょう。「ラブピー」もそうだけど、「地獄〜」以降、CMなどでも、おれと組んだときのような芝居をするようになりましたからね、彼は。綾野剛くんも、新しいCMを見たら、「スワン」的な芝居していた気がするなあ。だんだんと、いままで窮屈に思っていたイケメン芝居から抜け出しているんじゃないかな。イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放されるっていう。いま、ぼくの映画はそういう場所になっている(笑)。

あわせて読みたい

  • 何だこれ「山田孝之の東京都北区赤羽」

    何だこれ「山田孝之の東京都北区赤羽」

  • メインカルチャーがない時代のアングラ。映画「彌勒 MIROKU」林海象監督に聞く2

    メインカルチャーがない時代のアングラ。映画「彌勒 MIROKU」林海象監督に聞く2

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年6月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

    次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら