自身の集大成という「ラブ&ピース」をつくった園子温監督。いつか見ていろと鬱屈した思いを抱える主人公は、園監督の分身のようなもの。この役を、長谷川博己がリミッターを全力で振り切って演じている。近年、園監督作品に出演する俳優は、圧倒的に魂を揺さぶる波動を出す。長谷川をはじめ、綾野剛、鈴木亮平、染谷将太、二階堂ふみ、満島ひかり、吉高由里子……若い俳優たちの潜在能力はどうやったら引き出せるのか、その方法を知りたい。
前編はこちら
園子温「ラブ&ピース」イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放される
6月27日(土)TOHOシネマズ新宿ほか
全国ロードショー

あそこまでへんな人じゃないです


──さて、自身を投影した「ラブ&ピース」の主役に長谷川博己さんを起用したわけは。
 「地獄でなぜ悪い」(14年)をいっしょにやったので、もう1本やるのが自然な流れだったという感じでしょうか。

──鬱屈しまくった鈴木にはかなりご自身が投影されているんですか。
 ん〜〜、まあ、あそこまでへんな人じゃないです(笑)。

──長谷川さんがそうとうエキセントリックな芝居をしています。
園「地獄でなぜ悪い」で既にかなりへんな感じになっていて、ぼくとやるときはへんな感じっていうのが、彼のなかで確立されたんでしょう。「ラブピー」もそうだけど、「地獄〜」以降、CMなどでも、おれと組んだときのような芝居をするようになりましたからね、彼は。綾野剛くんも、新しいCMを見たら、「スワン」的な芝居していた気がするなあ。だんだんと、いままで窮屈に思っていたイケメン芝居から抜け出しているんじゃないかな。イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放されるっていう。いま、ぼくの映画はそういう場所になっている(笑)。

この記事の画像

「園子温「ラブ&ピース」イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放される」の画像1 「園子温「ラブ&ピース」イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放される」の画像2 「園子温「ラブ&ピース」イケメン芝居しかさせてもらっていない俳優がうちで解放される」の画像3