bit

過酷なマイナー契約 メジャーを勝ち取った日本人選手たち

過酷なマイナー契約 メジャーを勝ち取った日本人選手たち
またひとり、日本人選手がメジャーデビューを果たした。
その選手の名は村田透
6月29日にメジャー初登板・初先発を果たした。結果は5失点とほろ苦いものになってしまったが、間違いなく大きな一歩だ。

だが、この村田のメジャーまでの道のりは厳しいものだった。村田は2007年に巨人のドラフト1位で入団するが、1軍登板のないまま2010年に戦力外通告を受ける。その年の2010年にインディアンスとマイナー契約を結んだ後、マイナーでの努力が実を結び、メジャーの切符をつかんだのである。

実際、マイナー契約からのメジャー昇格はかなり厳しい道のりだ。メジャーにいる選手は「マイナーに落としてはならぬ」という条件の契約を結んでいる選手も多く枠がなかなか空かないし、マイナーは長距離のバス移動・低賃金など劣悪な環境だ。
そのため、中島裕之のようにメジャー契約で入団してもケガでマイナー落ちした後、マイナーでくすぶり一回もメジャーに昇格できなかったというケースもある。
しかし、調べてみると今回の村田のように、マイナー契約からメジャーの切符をつかみ取った日本人選手は意外と多い。そこで今回はそんな選手たちを紹介していこう。

【マイナー契約からはい上がった日本人選手たち】


野茂英雄
意外にも、野茂も初めはマイナー契約であった。というもの、当時は日本からアメリカへ渡るルートが確立されていなかったためだ。この契約での年俸は約980万円(日本球団からの提示は1億4千万円)であり、野茂はこのような悪条件にも関わらずに挑戦して結果を出した。それによって後発の選手たちのメジャーへの道を切り開いたからこそ、今でもパイオニアと呼ばれているのだ。

あわせて読みたい

  • 成功率は ダルビッシュの手術

    成功率は ダルビッシュの手術

  • "打撃投手"は過酷な仕事なのか?

    "打撃投手"は過酷な仕事なのか?

  • 野茂やイチロー 活躍支えた名将

    野茂やイチロー 活躍支えた名将

  • 東京ヤクルトスワローズ「つば九郎」の握手会に女性ファン殺到。実は苦労人(鳥)だった!

    東京ヤクルトスワローズ「つば九郎」の握手会に女性ファン殺到。実は苦労人(鳥)だった!

  • コネタの記事をもっと見る 2015年6月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース