review

木村佳乃「玉木さん4時間なんですって!」「ジュラシック・ワールド」監督&キャスト来日記者会見

ジュラシック・シリーズの最新作、『ジュラシック・ワールド』が8月5日に日本で公開される。それに先駆けて、監督・キャストが来日。日本語吹き替え版の声優たち3人が出迎えて、13日に都内で記者会見が行われた。
木村佳乃「玉木さん4時間なんですって!」「ジュラシック・ワールド」監督&キャスト来日記者会見
左から、ニック・ロビンソン、木村佳乃、ブライス・ダラス・ハワード、玉木宏、コリン・トレボロウ監督、松岡茉優、タイ・シンプキンス。

舞台は最新テクノロジーで恐竜をよみがえらせたテーマパーク「ジュラシック・ワールド」。遺伝子操作された新種の恐竜インドミナス・レックス(Tレックスよりデカい!)との戦いを描く。

既にアメリカなどで公開されており、わずか1ヶ月足らずで全世界の興行収入が約13億8千万ドル。もう『アナと雪の女王』の記録(約12億7千万ドル)を抜いているのだった。早い!

今の現代の若者のための全く新しいジュラシック


今回が初来日となるコリン・トレボロウ監督は、製作総指揮のスティーブン・スピルバーグから”ジュラシック愛”を認められて監督となった人物。「私にとって1番のチャレンジは、過去の作品を模倣するのではなく、今の現代の若者ための全く新しいジュラシック・パークを作ること。本作でそれが達成できたと思います」

前作『ジュラシック・パークIII』からは14年、第1作から数えれば22年もの時が経つ。キャストたちもジュラシック・シリーズに関われた喜びでいっぱい。
木村佳乃「玉木さん4時間なんですって!」「ジュラシック・ワールド」監督&キャスト来日記者会見
パークのゲートを模した入口をバック記者会見。会見前には予告映像も流れました。パーク内で大暴れするインドミナス・レックス。これが3D上映になったら大迫力だろうなぁ……。

ヒロインのクレアを演じたブライス・ダラス・ハワード
「私が12歳のときに劇場で体験したあのワクワク感が、今の若者にも共感されていると思う」。
クレアの甥のザックを演じたニック・ロビンソン

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク