review

ゲームデザイナー冬の時代。業界はどうやって才能を育てるのか

基礎って楽しいですか?


文章の書き方の本によく「新聞の社説を要約してみよう」とありますが、あれ、ホントに意味あるんですかね?

いや、もちろん意味あるんです。でもなかなか上手くなる感じがしない。基礎と応用の架け橋が見えにくいというか、なんというか・・・。「とりあえず書け、書けばどんどん文章が上手くなる」なんて言われたことありませんか? 僕だけ?

ゲームデザイナーの育成も同じです。属人性が強く、会社ごとの違いも大きいこともあり、(日本では)体系的に教えられていない。企業の採用枠も少なく、社内育成もOJTが中心。そのうえ大作志向が進んでいて、若手がゲームを丸ごとデザインする機会に乏しい・・・。いやー辛い、辛いなあ。

Unityからの使者


こんな現状を打破するために始まったのが「座・芸夢/若手ゲームプランナー育成塾~未来を担う人に伝えたいこと」です。第2回目はユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの簗瀬洋平が登壇し、7月21日にディー・エヌ・エー本社で実施。若手ゲームデザイナーと業界志望の学生50余名が参加し、濃密な時間を過ごしました。
ゲームデザイナー冬の時代。業界はどうやって才能を育てるのか
学生から若手まで熱気に包まれた「座・芸夢2」

「ワンダと巨像」「魔神と失われた王国」などのゲーム開発にゲームデザイナーとして参加し、現在はゲームエンジンのUnityを用いて、さまざまな研究活動を行っている簗瀬。そんな簗瀬は「ゲームとは何か」「デジタルゲームとは何か」「遊びとは何か」といった根源的な問いを、常に考え続けていくことが重要だと指摘します。
ゲームデザイナー冬の時代。業界はどうやって才能を育てるのか
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの簗瀬洋平

いや、実際Unityのようなゲームエンジンを使うと、「ゲームっぽい」画面やインタラクションが簡単に作れちゃうんです。でも、企画がしょぼい(=ゲームデザインに不備がある)から遊んでもつまらない。学校の先生も(多くの場合)無意味な駄目出ししかできない。ホントに良くある光景なんですよ。
ライター小野憲史が動画でもわかりやすくレビュー

もちろん世の中には優れた遊びの古典的研究が存在します。しかしコンピュータもインターネットもなかった時代と今とでは状況が異なる。そうした先人の研究を調べたうえで、それが本当なのか、今でも適用できるのか、なぜそうなっているのか考え続ける姿勢が、ゲームデザイナーには重要だと語りました。

ゴムボールとビデオゲームのワークショップ


その後おこなわれたのが、ゴムボールを使ったワークショップです。数人のグループに別れて「1:犬や猫ならボールでどんな風に遊ぶか」「2:人間の子どもならどんな風に遊ぶか」「3:両者の違いは何か」について話し合い、発表していきます。中にはボールを手で触りながら、材質や感触について話し合う姿も。もちろん、そこに正解はありません。しかし、このように意見を交わすことで、より思考が深まるのです。
ゲームデザイナー冬の時代。業界はどうやって才能を育てるのか
ゴムボールを使って遊びについて考察

続いて登場したのが、簗瀬がUnityで自作したドライブゲーム「TRUCK RACE」。ゲームを遊びながら「ゲームの概要」「ゲームのルール」「ゲーム中の工夫」について分析し、グループごとに考えをまとめるように指示が出されました。ボールを使った話し合いで場がなごんでいたことや、ゲーム自体のおもしろさも相まって、会場はすぐにワイワイ、ガヤガヤ。発表ではどのグループも深いレベルまで分析が重ねられていました。
ゲームデザイナー冬の時代。業界はどうやって才能を育てるのか
自作ドライブゲームを使ってゲームを分析

簗瀬は「おもしろいゲームはさまざまな要素が高度に絡み合って成立しているが、ただ遊んでいるだけでは、なかなか気づかない」と言います。しかし、おもしろいゲームを作るためには、既存ゲームの正しい分析と考察が不可欠。そのために必要なのが自分の引き出し、すなわちゲームデザインに対する知識や経験であり、遊びについて考察を深める姿勢です。参加者にとって、良い学びの機会になったようでした。

基礎を楽しめるモノにするには?


ぶっちゃけゲームとは何か、遊びとは何かについて、学校でも企業でも基礎から学ぶ機会が減っているのは事実です。ゲームデザイナーから人事・育成にジョブチェンジし、本セミナーの旗振り役をつとめるディー・エヌ・エーの馬場保仁も業界的な課題だとします。前述のように採用枠が減っているため、ゲームデザイナー同士で同期や近い世代が少ないことも課題です。
ゲームデザイナー冬の時代。業界はどうやって才能を育てるのか
グループでディスカッションした内容を発表

ただ基礎って正直つまんないんですよ。あんまり身になっている感じがしない。キャッチボールより早く試合がしたい。ゲーム専門学校の企画コースには「企画の中身については教えずに、企画書の書き方やツールの使い方だけ教えて、卒業させている」なんて批判もありますが、わからないでもないんですよね。

もっとも馬場いわく「基礎でも楽しめないとダメ」と一刀両断。たしかに本ワークショップでは「TRUCK RACE」効果もあり、みな楽しんで議論をしていました。ちなみに簗瀬はUnityの勉強も兼ねて、本ゲームの制作に約4日(20時間)かけたとか。この姿勢、見習いたいところではないでしょうか。

なお第3回は8月24日に元「ことばのパズル もじぴったん」シリーズのディレクター・プロデューサーで、神奈川工科大学の中村隆之先生を迎えて実施されます。申込締切は8月16日まで。
(小野憲史)

あわせて読みたい

  • ゲーム業界内定ゲットの背景を深掘り

    ゲーム業界内定ゲットの背景を深掘り

  • 遠藤雅伸も登場。ゲームデザインの千年

    遠藤雅伸も登場。ゲームデザインの千年

  • ぼくが『ねたあとに』何をする? 夜通し自作のゲームをする!

    ぼくが『ねたあとに』何をする? 夜通し自作のゲームをする!

  • 48時間でゲームを一本作ってきたよ!プログラマー大活躍?「グローバルゲームジャム」

    48時間でゲームを一本作ってきたよ!プログラマー大活躍?「グローバルゲームジャム」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年7月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら