review

インディーズ作品に遠藤憲一、寺島進、木村祐一、木下ほうかなど豪華キャストが集結したわけ

過激だから出版できないと言われ、映画化しても上映してくれる映画館がなかなかみつからなかったという問題作「木屋町DARUMA」
インディーズ作品に遠藤憲一、寺島進、木村祐一、木下ほうかなど豪華キャストが集結したわけ
映画 木屋町DARUMA 
原作、脚本 丸野裕行
監督 榊英雄
出演 遠藤憲一 三浦誠己 武田梨奈 木下ほうか 寺島進 木村祐一 ほか
京都木屋町を舞台に、ある事件から四肢を失った男が闇金融の取り立て屋として生き抜く姿を描く。監督は「捨てがたき人々」などの榊英雄。
10月3日(土)渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー
大阪・第七藝術劇場 京都みなみ会館 兵庫・元町映画館
公式サイト http://kiyamachi-daruma.com
(C)2014「木屋町DARUMA」製作委員会 

それでも、榊英雄がプロデューサー、監督を引き受け、遠藤憲一や寺島進が出演し、人間の業を迫真で演じて、引き込まれる。原作と脚本を手がけ、榊との共同プロデュースもつとめた丸野裕行は、暴力には報いがある、そういうことを描きたいと言い、あらゆる欲望が渦巻くそれは歌舞伎で描かれる因果応報の地獄絵図のようだ。7年前に書いた自作を、たくさんのひとを巻き込んで映画化するまでの血と汗と涙にまみれた執念を訊く。
前編はこちら

木下ほうかさんもキャスティグ


──撮影はいつ行われたんですか。
丸野 2013年の5月です。12日間で撮りました。
──2012年の年末に榊監督から映画つくろうと言われて、5ヶ月という短期間で準備をしたと。それでよくこの豪華キャストを集められたものですね。遠藤憲一さん、寺島進さん、木下ほうかさん、木村祐一さんなどなど。
丸野 榊監督がプロデューサーも引き受けてくれて製作がはじまったとき、まず、誰に出てほしい? と訊かれて、遠藤憲一さんと寺島進さんは外せないと希望して。一度はスケジュールがとれないだろうと言われましたが(笑)、ダメ元で頼んでほしいと粘りました。そのときは既に木下ほうかさんもキャスティグをやってくださるということで参加していました。
──木下さんは榊さんがつれてきて?

あわせて読みたい

  • 社会福祉は風俗に敗北しているのか

    社会福祉は風俗に敗北しているのか

  • 出版拒否された裏社会ライター壮絶映画

    出版拒否された裏社会ライター壮絶映画

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年7月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「出版」のニュース

    次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら