review

この世界には戦争も震災もない「まれ」108話

       
朝ドラ「まれ」((NHK 月〜土 朝8時〜)8月1日(土)放送。第18週「親心ロールケーキ」第108話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:村橋直樹
この世界には戦争も震災もない「まれ」108話
「連続テレビ小説 まれ Part2 」NHK出版 

紺谷博之(板尾創路)が陶胎漆器のプロジェクトを辞めると言いだし、圭太(山崎賢人/崎の大は立)は奮起。必死で漆器組合の人々を説得、無事、陶胎漆器が完成しました。すべて博之の作戦でしたが、悪役でいようとする彼の気持ちを、希(土屋太鳳)は尊重します。

いつもなんでもしゃべってしまう「まれ」の人々の性分を逆手にとって、博之の真実だけは絶対口にしないとがんばる希の姿が描かれた108話。
悪者になってまで息子・圭太を男にするなんて、本来、かなり感動的なエピソードですが、圭太がへたくそな蒔絵のデザインを描いただけで、みんなが笑ってひとつになる流れが軽すぎて、博之のかっこよさが生きなくて、残念。

決して切り捨てない


「まれ」のスタッフは、ひたすら駄目なひとを駄目なまま描き続けます。どうやら、周囲が駄目なひとたちをあたたかい目で受け容れることのほうこそ大事にしているように思えます。
その視点はすばらしい。世の中、ガッツのあるひとばかりじゃないし、頑張ればなんでもすばらしくできるわけでもない。むしろ、頑張れないひとや、頑張ってもうまくできないひとのほうが多いでしょう。そういう人たちを「まれ」は決して切り捨てないのです。ブラボー。

脚本家の篠崎絵里子は、「悲劇的なことはなるべく明るく描きたい。悲劇を悲劇のまま描くと、大事なことが抜け落ちてしまう気がします。」と

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

2015年8月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。