review

又吉直樹は水嶋ヒロを超えた――『火花』を最初に文芸誌で誉めた評論家、語る

又吉直樹は水嶋ヒロを超えた――『火花』を最初に文芸誌で誉めた評論家、語る
『火花』又吉直樹/文藝春秋


『火花』を最初に文芸誌で誉めたのは俺だから!!!


又吉直樹は水嶋ヒロを超えた――『火花』を最初に文芸誌で誉めた評論家、語る
(左)飯田一史さん(右)藤田直哉さん

藤田 まだまだ話題さめやらぬという感じですから、芥川賞受賞で、発行部数が200万部を超えた又吉直樹さんの『火花』の話をしましょう。

飯田 藤田君は文芸誌でも書いている純文学の批評家でもありますが、僕は純文学を追うのを学生時代でやめちゃっていて、ふだんは純文学を読みません(ほとんどSFとラノベとミステリしか読みません)。そういう人間でもおもしろく読めました。つまりエンタメとして読んで「思ったよりアツくてよかった」と。

藤田 『火花』が雑誌に掲載された時には、1933年に小林秀雄、林房雄らが発刊した『文學界』が、創刊以来初めて増刷されたというとんでもない事態で、それだけで「火花」が文学史に残ってもおかしくはないと、正直思っています。

飯田 大正時代に1冊1円の文学全集を出版して売りまくった「円本ブーム」とかが教科書に載るわけだから、たしかに文学史に載ってもおかしくないですね。

藤田 同じ号にぼくも載っているので、ぼくのお蔭で増刷されたんじゃないか! って思っているのですが。

飯田 www

藤田 ……それは嘘ですけど、ぼくは『文學界』の「新人小説月評」という、芥川賞の対象となる作品を全て読んで評するという欄を今年担当しておりまして、「火花」を「文学だ」と激賞しました。多分、文芸誌で一番最初に活字でやったんじゃないかな。

飯田 ここで藤田渾身のドヤ顔である。

あわせて読みたい

又吉直樹のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「又吉直樹」に関する記事

「又吉直樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「又吉直樹」の記事

次に読みたい「又吉直樹」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。