review

なぜ中村ゆりは北川景子に土下座させたのか「探偵の探偵」今夜5話

       
回を重ねるごとにハードさが増しているドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ木曜よる10時)。7月30日放送の第4話では北川景子演じる主人公・玲奈がドスの利いた声でタンカを切り、ぶんぶん鉄パイプを振り回すところから始まった。
なぜ中村ゆりは北川景子に土下座させたのか「探偵の探偵」今夜5話
「探偵の探偵」(フジテレビ木曜よる10時)第5話より

阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)が仕掛けた、自作自演の誘拐事件。犯人の潜伏先と見せかけた廃工場に警察を連れて行き、推理を披露する。あざやかに謎を解いて見せ、信頼を勝ち取る目論見だったが、玲奈がぶち壊す。慌てる阿比留。誘拐した子どもを監禁した部屋からは、救出した子どもを抱いた窪塚刑事も現れ、万事休す。窮地に追い込まれた阿比留は工場に火を放つ。
なぜ中村ゆりは北川景子に土下座させたのか「探偵の探偵」今夜5話
存在感を増してきた窪塚刑事(三浦貴大/写真右)

依頼者を装った襲撃者に、GPS発信器のプレゼントと常に予想の斜め上からのアプローチを繰り広げてきた阿比留。今回は「高いところは怖いんだよ!」とキレながら、玲奈とくんずほぐれつ、死闘を繰り広げるシーンもあった。といっても、おしゃれスーツが繰り出すパンチはいかにもへっぽこで、弱々しい。あっという間に反撃されて、ボコボコにされていた。南無三!
なぜ中村ゆりは北川景子に土下座させたのか「探偵の探偵」今夜5話
北川景子演じるヒロイン・玲奈は徹底して笑わない(回想シーンを除く)

ユースケ・サンタマリアVS北川景子「ただのガキよ!」「だから?」


謎の人物として描かれてきた阿比留。玲奈はその過去を調べ上げ、「弱い自分を偽り続けるために、ひたすら権力を欲しているだけ、ただのガキよ!」と突きつける。しかし、阿比留は「だから? 例え逮捕されても切りぬけるよ」とトボけた態度で応酬する。この阿比留の正体に迫るくだりはドラマオリジナル。動機も悪巧みも

あわせて読みたい

北川景子のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北川景子」に関する記事

「北川景子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北川景子」の記事

次に読みたい「北川景子」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

探偵の探偵

探偵の探偵

「探偵の探偵」は松岡圭佑の同名小説が原作のテレビドラマ

2015年8月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。