review

ユースケ・サンタマリアVS井浦新の怪しい社長対決「探偵の探偵」今夜3話


「紗崎さんにこれを。せめてのお詫びだと伝えてもらえばわかると思います」(阿比留佳則/ユースケ・サンタマリア)


北川景子が、妹を死に追いやった悪徳探偵を追うドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ木曜よる10時〜)。7月16日放送の第2話では、主人公・紗崎玲奈(北川景子)の勤務先に、ライバル探偵社の社長である阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)がやってきて、リボンの付いた小箱を峰森琴葉(川口春奈)に渡す。
ユースケ・サンタマリアVS井浦新の怪しい社長対決「探偵の探偵」今夜3話
「探偵の探偵」(フジテレビ)第2話より。北川景子(写真中央)演じるヒロイン・玲奈と、助手の琴葉(川口春奈)の2人で悪徳探偵を追う

明らかに怪しいこのプレゼントの中身はGPS発信機。琴葉との電話でそのことに気づいた玲奈は琴葉を横浜中華街に呼び出し、小箱から遠ざけようとする。しかし、説明不足がたたって、琴葉は小箱とともに移動。阿比留の思惑通り、玲奈に手渡してしまう。結果、玲奈が運転するクルマに大型トレーラーやらブルドーザーやらが突進ししてきて、海にドボン! なぜ、阿比留はそこまでするのか。玲奈の妹の死と何か関係があるのか。謎めいたまま物語は進んでいく。
ユースケ・サンタマリアVS井浦新の怪しい社長対決「探偵の探偵」今夜3話
川口春奈のしくじりで、北川景子(写真右)は何度も窮地におちいるが「あなたのせいじゃない」とキッパリ

探偵社の社長は善人では務まらないのか


怪しげという点では「スマ・リサーチ社」社長・須磨康臣(井浦新)も阿比留といい勝負だ。「悪いが君は探偵に向いていない」と言いながら、玲奈を雇い入れ、探偵の悪事を暴く「対探偵課」を設立。同社の探偵・桐嶋颯太(DEAN FUJIOKA)に「社長の闇を暴くのを恐れたからですよね」と問いただされても、のらりくらりとはぐらかす。
ユースケ・サンタマリアVS井浦新の怪しい社長対決「探偵の探偵」今夜3話
スマリサーチ社の先輩探偵・桐嶋颯太を演じるDEAN FUJIOKA。重要な情報をつぶやく、大切な役回りでもある

琴葉に「紗崎先輩を利用してるだけなんじゃないですか!」と責められても、「戻れない目をしていたんだ」「遅かれ早かれ犯罪者になる運命だった」と妙に詩的なコメントで煙に巻く。納得がいかない琴葉が「紗崎先輩が殺人者になったら、社長のせいです!!!」と詰め寄っても、「そうならないよう、技術やノウハウを教えてきた」と胸を張る。須磨康臣、浅いのか、深いのか。いずれにしても底が見えない男なのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「探偵の探偵」に関する記事

「探偵の探偵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「探偵の探偵」の記事

次に読みたい「探偵の探偵」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

探偵の探偵

探偵の探偵

「探偵の探偵」は松岡圭佑の同名小説が原作のテレビドラマ

2015年7月23日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 探偵の探偵 ドラマ
  2. 探偵の探偵 最終回
  3. 探偵の探偵 漫画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。