review

親目線で見ると泣ける「BORUTO 」 細田守 「バケモノの子」を超えたか

       
 連載開始から結構な巻までは読んでいたと思いますよ。最後のほうは全然読んでないですが。

飯田 それもあるかも。終盤を読んでいたら、ナルトやサスケ側に心を置いて観ると思う。たいへんな思いをして里を守ったのに、そんな気も知らないんだよな、子どもって。って思うんだよ!
 サスケがボルトにやさしいのは、そうは言わないけどカカシがそうしてくれたからだろうしね。師匠や親からしてもらったことを弟子や子にしてやるのは当然だ、という芸ごとの世界に似た、いい風習がある。あれだけでけっこう泣ける。
そもそも『NARUTO』は1巻目から主人公のナルトが「火影を目指す」って言っていた。火影は代々受け継がれているわけで、最初から継承テーマが織り込まれている作品ですよね。ボルトやサラダの姿を見ていると、『笑点』メンバーに立川志の輔が入るかもという報道に対する感慨に近いものがあるわけですよ。志の輔の師匠である立川談志がかつて司会をし、回答者に先代・円楽がいた『笑点』に来て、今の円楽と並ぶのか! と。

藤田 『笑点』で言われても、あまり思い入れがないので、比喩としてわかりにくくなっているw
 戦争を知らない世代の子供たちへの思い、みたいなものと重ねている部分はありましたね。序盤でナルトがインタビューを受けるときに、そういう描写がありましたし。
 そこで、子供に「里を守ること」の大変さや偉大さを「わからせたい」と思って、素直に通じちゃうのが、なんか違う感じがしたんですよね。もっと「わからない」ものじゃないか、伝わらないものじゃないか、という、ぼくの実感があります。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「親目線で見ると泣ける「BORUTO 」 細田守 「バケモノの子」を超えたか」の みんなの反応 1
  • とおりすがり 通報

    主人公の魅力がなさすぎる。というか不快。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。