review

自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット

アニメ『GATE』ウェブサイトからキャプチャ

ウェブ小説が原作のテレビアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』は、愛国心をくすぐる「右傾エンタメ」作品なのでしょうか。ネット上でさまざま議論が展開されている同作を、ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんが鋭く分析します。

原作は9年前にウェブ連載


自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット
『ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1 接触編』

飯田 さて、アニメ『GATE』です。自衛隊が異世界に行って戦うアニメということで、放映前からの予想どおり、非常に議論になっています。

藤田 「右傾エンタメ」として批判されても仕方のない部分は多いと思いますが、ぼく自身はわりと面白く観ています。監督は『ラブライブ』の京極尚彦。ゲームの世界=ドラクエ的なファンタジーの世界と現代日本がつながるのはガキの発想なんだけれど、それを大人の技術力で映像化しているのが面白い。
 現代の兵器で、技術力が劣っている連中を蹂躙すること自体の面白さってあるんですよ。半村良原作の『戦国自衛隊』や、サム・ライミ監督の『キャプテン・スーパーマーケット』を思い出しました。死霊の軍と、チェーンソーで戦う。現代のテクノロジーに由来する優越感や、ナルシズムがそこにはある。
 でも、逆に本当に現代の最新の戦闘を描くと、ドローンとかとか核兵器とか空爆とかを描くことになるので、陸軍、すなわち戦車と歩兵の外連味のある戦闘を描くためには、このぐらいの「架空の敵」が必要ってことになるのかもしれません。
 死者が平気で出るのが、スリリングで、いいですよね。自衛隊員の主人公がオタクなのも面白くて。オタク世代が戦場に行くとこんな感じかもしれないですし。主人公たちは、魔法少女アニメの唄を歌いながら車を運転するんですが、『フルメタル・ジャケット』でも、米軍の兵士はベトナムでミッキーマウスマーチを歌っていました。中年の隊員は、そこにある現状を、怪獣映画のたとえで把握するという世代差も皮肉が効いていました。

この記事の画像

「自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット」の画像1 「自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク