review

自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット

自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット
アニメ『GATE』ウェブサイトからキャプチャ

ウェブ小説が原作のテレビアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』は、愛国心をくすぐる「右傾エンタメ」作品なのでしょうか。ネット上でさまざま議論が展開されている同作を、ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんが鋭く分析します。

原作は9年前にウェブ連載


自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット
『ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1 接触編』

飯田 さて、アニメ『GATE』です。自衛隊が異世界に行って戦うアニメということで、放映前からの予想どおり、非常に議論になっています。

藤田 「右傾エンタメ」として批判されても仕方のない部分は多いと思いますが、ぼく自身はわりと面白く観ています。監督は『ラブライブ』の京極尚彦。ゲームの世界=ドラクエ的なファンタジーの世界と現代日本がつながるのはガキの発想なんだけれど、それを大人の技術力で映像化しているのが面白い。
 現代の兵器で、技術力が劣っている連中を蹂躙すること自体の面白さってあるんですよ。半村良原作の『戦国自衛隊』や、サム・ライミ監督の『キャプテン・スーパーマーケット』を思い出しました。死霊の軍と、チェーンソーで戦う。現代のテクノロジーに由来する優越感や、ナルシズムがそこにはある。
 でも、逆に本当に現代の最新の戦闘を描くと、ドローンとかとか核兵器とか空爆とかを描くことになるので、陸軍、すなわち戦車と歩兵の外連味のある戦闘を描くためには、このぐらいの「架空の敵」が必要ってことになるのかもしれません。
 死者が平気で出るのが、スリリングで、いいですよね。自衛隊員の主人公がオタクなのも面白くて。オタク世代が戦場に行くとこんな感じかもしれないですし。主人公たちは、魔法少女アニメの唄を歌いながら車を運転するんですが、『フルメタル・ジャケット』でも、米軍の兵士はベトナムでミッキーマウスマーチを歌っていました。中年の隊員は、そこにある現状を、怪獣映画のたとえで把握するという世代差も皮肉が効いていました。

あわせて読みたい

  • 岡田斗司夫愛人事件と恋愛論と社会

    岡田斗司夫愛人事件と恋愛論と社会

  • 今年は戦後70年。タモリは70歳

    今年は戦後70年。タモリは70歳

  • レビューの記事をもっと見る 2015年8月20日のレビュー記事
    「自衛隊アニメ「GATE」は右翼的なのか 兵器で敵を蹂躙して美少女ゲット」の みんなの反応 7
    • 匿名さん 通報

      ハーレム右翼アニメなのは確か。

      8
    • 匿名さん 通報

      作品内で「マスゴミの悪事」をでっち上げておいて、それを事実であるかのように拡散させようとしている。間違いなくネトウヨ小説。

      7
    • 匿名さん 通報

      ゲート先がスレイヤーズの世界なら駆逐されるのは自衛隊の方に違いない

      4
    • 匿名さん 通報

      戦国自衛隊やジパング等では窮地に陥った極限状態。ゲートは不利な前提が無いからその例えは意味を為さない。娯楽追及で優位に振り切れてる為、過剰な戦略で苦い描写が多めなのも確か。多少下品であまり好きではない

      3
    • 匿名さん 通報

      OBCとか自衛隊悪役の左系エンタメもあるし逆があっても良い。「別に、生活の為に貴方と仲良くしてただけよ?」と女に捨てられるリアルな終わり方ならば見直すかも。その場合娯楽作品としちゃ失格だがw

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース