「写真を見たとき、本物かと思った」
「どの角度から見ても目が合う。生きてるみたい!」
などと噂が噂を呼んでいるのが、「猫ラボ」さんの作る羊毛フェルト猫。
以前にコネタでも紹介しており、この春~夏には東京&大阪での猫好きクリエイターによるイベント『Cat's ISSUE POP-UP STORE』などをにぎわせていたが、このたび東京・恵比寿のギャラリーマールで初の個展が開催されることに。
まるで生きてるみたい! 羊毛フェルト猫を堪能できる「猫ラボ」初個展
今にも動き出しそうな猫ラボさんの作品を見られる個展『部屋に猫がいる』は、9月15日~20日に東京・恵比寿のギャラリーマールで開催。

今回の個展のほか、同時進行で制作された気になる新作などについて、ご本人に話を聞いてみた。まず『部屋に猫がいる』と銘打った今回の個展は、どんなテーマに基づいたものなのだろうか?
 
「人のすることをじっと見ていたり、かと思ったら手足を伸ばして寝てしまったり、お腹が空いたとアピールしてきたりといった、猫と生活したことのある人なら誰でも感じる猫の気配というか、“ああ猫がいるな”と感じる空間を作ることがテーマになっています。某写真SNSに「#部屋に猫がいる」というハッシュタグがあり、本当にただ猫を普通に写しただけのものが多いのですが、そこからそこはかとない日々の幸せが伝わってきてとても好きなタグなので、そのままタイトルにいただきました。…しかし後から確認してみるとそんなタグは見つけられなかったので、私の記憶違いかもしれません(笑)。でもフレーズ自体好きだからいいか、とそんなゆるい内容です」
まるで生きてるみたい! 羊毛フェルト猫を堪能できる「猫ラボ」初個展
全身にうっすらと縞模様の入った縞三毛猫。もっちりしたあごのラインなどもかなりリアルだ。


立体造形ならではの作品の楽しみ方も