review

総括。惨状の日本から生まれたドラマ「まれ」最終回

       
夢を獲得するには、まずは下積みの苦労をたくさんしないといけないし、夢に集中してほかには目をくれないものだと、我々はなんとなく感じています。でも、「まれ」ではそれがありません。
希の師匠も「何かを得たければ何かを捨てろ」とは言うものの、彼もまた仕事と家族をもっていましたし、希も仕事がようやく軌道にのってきたところで、結婚、地元に戻る、出産を体験します。
百歩譲って、仕事と家族を大事にするのは良しとしても、それに伴う、ものすごく大変な毎日の彼女の労働の数々やそれによる心身の疲弊などはほとんど描かれず、希はショートカットキーを使うようにたやすく結果にたどりついて見えます。こんなにうまくいくはずないと違和感を唱える視聴者もいました。
「まれ」では奇妙なほど、こういった下積みの苦労が描かれないうえ、さらには、不幸も描かれません。以前書きましたが、戦争も震災も出てきません。
先輩職人や姑の嫁いびりすらマイルドでした。友達の嫉妬と裏切りも出てきましたが、あっさり解決します。
父親が二度も自己破産して、二度目に至っては社員から脅しを受けるというエピソードも出てきて、これは本来、非常に重いことなのでしょうけれど、リアルな描写は徹底的に排除されていたのです。
SNS をざっと見てみると、暢気すぎる、リアリティーがないと指摘する視聴者がいる一方で、そのほのぼのしたところを楽しんでいる視聴者も確実にいるのです。
前者の状況を、このレビューでは「つっこ『まれ』」と呼び、主にそちらの視点で書いてきました。こんなふうに、視聴者が「まれ」のここがヘンだよとツッコミどころを探す隙間のあった「まれ」は、それによって一種のドラマを見る楽しみをつくったことは事実でしょう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

2015年9月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。