bit

「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」 名曲のあまりにも大きすぎた影響とは

「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」 名曲のあまりにも大きすぎた影響とは
『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』(NHK出版新書)。プロジェクト参加アーティストが失速したという「呪い」が注目されがちだが、音楽ファンなら必読の壮大なアメリカン・ポップス史だ。

1985年に世界中を感動させたアフリカの飢饉と貧困救済のためのチャリティーソング、「We Are The World」。40代以上の読者には説明不要だろう。いや、20代でも知っている人は多いかも知れない。なにせ教科書にも載るほどエポック・メイキングな曲だったのだから。

全世界で955万枚売り上げ、日本でも年間洋楽ランキングで1位を獲得している押しも押されもせぬ世界的大ヒットだが、数字だけではあの時代を覆った熱量は伝わってこない。たとえば同じく1985年にリリースされたおニャン子クラブの「セーラー服を脱がさないで」のセールスが25万枚と聞いても、1990年代のミリオンセールス連発時代を経た今ではその時代の熱狂が感じ取れないのと一緒だ。

アメリカを代表する45名のスーパースターたちが集まり収録され、1985年4月5日に世界中の8000以上ものラジオ局で世界一斉同時オンエアされた、このチャリティーソングがまとっていた数字には現れない熱量を余すところなく描いた一冊が『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』(西寺郷太著・NHK出版新書)だ。

本書ではこの奇跡的な一曲がどのようにして出来上がったかを、経緯から収録当日の異様な高揚感、参加アーティストの人間模様に渡るまでを多面的に描いている。

直前の機材トラブル、通常一堂に会することのないスーパースターたちが集まる高揚と緊張感、その中でプライドを傷つけられたスターの物語など、読むだけでヒリヒリしてくるルポタージュになっている。招聘されたアーティストの心情、そしてスーパースターたちをまとめ上げなければならないプロデューサーのクインシー・ジョーンズの重責の描写は、自ら人気バンド・ノーナ・リーヴスのボーカルを務め、作詞作曲家・プロデューサーとして、SMAP、V6、中島美嘉、ゴスペラーズなどの楽曲を手がけてきた著者の西寺氏ならではのものだ。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2015年10月6日のコネタ記事
「「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」 名曲のあまりにも大きすぎた影響とは」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    呪いとかありもしない虚言で的外れな批評もいいとこ 著者はこの偉大なプロジェクトにもっと敬意を払うべき 所詮は秋元康やつんく♂の国だから許されるんだろうが こんなレベルで音楽批評家とか笑止千万

    0
  • 匿名さん 通報

    あまりにも酷い偏見 そもそも、音楽で黒人がって言うならジミヘンだろうと あまりにも音楽に知識のない奴だな

    0
  • 大佐 通報

    偏見だとか、虚言だとかいう割りにソースを持ち合わせていないコメントがちらほら、、、

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース