review

「キングオブコント2015」採点データ分析で見た意外な真実。さまぁ〜ず三村が鍵を握っていた

10月11日、TBS系列で放送された『キングオブコント2015』。熱戦の結果、コロコロチキチキペッパーズが8代目キングに輝いた。(キングオブコント2015優勝コロコロチキチキペッパーズ「優勝、やっべぇぞ!」その声ズルい会見レポ

今回の目玉の一つは、審査方式の刷新。バナナマン、さまぁ〜ず、松本人志の5人が審査員となり、1人100点×5人の500点満点で審査を行った。果たして5人はどのような点数をつけたのか。採点データからキングオブコント2015を振り返りたい。
「キングオブコント2015」採点データ分析で見た意外な真実。さまぁ〜ず三村が鍵を握っていた
『キングオブコント2015』ファーストステージとファイナルステージの採点結果

「M-1のルール」だったら優勝はバンビーノだった


まずは今回のルールをおさらい。ファーストステージで10組がネタを1本ずつ披露し、得点が高かった上位5組がファイナルステージに進出。ファイナルステージではもう1本ネタを披露し、1本目と2本目の合計得点が最も高かったものがキングとなる。

ファイナルステージ後の「1本目と2本目の合計得点」というのがポイントだ。これがもし「2本目のみの得点」で優勝を決めていたら大きく結果が変わっていた。ファイナルステージ進出者の最終得点を見てみよう。
「キングオブコント2015」採点データ分析で見た意外な真実。さまぁ〜ず三村が鍵を握っていた
ファーストステージとファイナルステージを合わせた最終得点

1本目ではロッチが478点で、2本目ではバンビーノが471点でトップになっている。最終的に優勝したコロコロチキチキペッパーズは1本目2本目共に2位の点数なのだ。2本のネタのクオリティが高アベレージで揃ったのが、コロチキの勝因だったことがわかる

もしM-1のように「2本目のみの得点」で評価していたら優勝はバンビーノになっていた。そして、1本目で1位を取りながら2本目で大きく失速したロッチは、M-1グランプリ2009で「鳥人」のあとに「チンポジ」を披露した笑い飯のポジションになっていただろう。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年10月13日のレビュー記事
「「キングオブコント2015」採点データ分析で見た意外な真実。さまぁ〜ず三村が鍵を握っていた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    審査方法について、二組もコンビで審査員がいるのってどうなんでしょう?記事の通りで、コンビ同士笑いの価値観は似ているので、キャリアや分野のバラバラな方の意見も聞いてみたかったな~と思います。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース