今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

キングオブコント2015優勝コロコロチキチキペッパーズ「優勝、やっべぇぞ!」その声ズルい会見レポ

2015年10月12日 10時50分 ライター情報:井上マサキ
西野「キングとったぞー!」
ナダル「俺らが8代目キングや!どやぁ

コント日本一を決めるTBS「キングオブコント2015」。10月11日に行われた決勝戦でコロコロチキチキペッパーズが優勝、8代目キングの栄冠を勝ち取った。
キングオブコント8代目キングとなったコロコロチキチキペッパーズ(左:ナダル、右:西野創人)

今回から審査方式が変わり、バナナマン・さまぁ〜ず・松本人志の5人が審査員となったのが一つの目玉だった本大会。準決勝で評判が高かった組がファーストステージで落選するなど、波乱含みの展開になりました。

これまでは準決勝で敗退した芸人たちが決勝で審査員をしていたこともあり、ライブ感のある「集団での笑い」が点数につながっていたのが、今回審査員形式になったことで「個の笑い」の評価に切り替わった印象。決勝では玄人的な評価がされる一方で、ライブで行われた準決勝の印象と評価軸が異なってしまったのが、「波乱」の一因と言えそう。

そんな中、2本のネタをきっちり揃えたコロコロチキチキペッパーズが頭ひとつ抜けた結果に。結成4年目・初出場・東京未進出ながら、まさにドリームをつかんだ形のコロチキ。番組のエンドロールが流れるなか、涙しながら「優勝、やっべぇぞ!」とコメントとしたその直後。TBS局内で勝者インタビューが行われました。

「楽しかった」「楽しくなかった」



エントリーした2455組の頂点に立ったコロコロチキチキペッパーズ。大会の感想は「楽しかった」「楽しくなかった」と全く逆だった。

西野「いやもう、ビックリしすぎて。なんでここに着て、なんでこのジャケットを着てるのか。まだ全く実感がないです。でも楽しかったことだけハッキリ覚えてます。」
ナダル「僕は……あの、あまり楽しくなくて。緊張感がすごくて。2本目のネタを僕が途中で噛んじゃったりして、すごい迷惑かけたなと思ったんですけど……。優勝僕らって呼ばれたときに実感が沸いて、いろんなお世話になった人のことがよぎって……素直に嬉しいです。」

結成4年目の彼らにとって、全国ネットでネタをやるどころか、生放送すら初めてのこと。編集でどうにもならないだけに、緊張もどんどん膨らんでしまう。

西野「だからもう練習……アホみたいにしたな?」
ナダル「(キメ顔で)アホみたいにしたな」
西野「今日の朝ホテルで寝てたら、9時ぐらいにコンコンって誰かノックしてきて、覗き穴みたらめっちゃ緊張した顔のナダルさんが立ってて。結構ネタ合わせしたんですけど……完璧にできた?」
ナダル「完璧にできなかった……」
西野「楽しかったやろ?」
ナダル「楽しくなかった。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

「キングオブコント2015優勝コロコロチキチキペッパーズ「優勝、やっべぇぞ!」その声ズルい会見レポ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!