bit

琳派とコラボした新しい発想の京菓子 50グラムにこめられた芸術

琳派とコラボした新しい発想の京菓子 50グラムにこめられた芸術
昨年のデザイン部門大賞作品(「硯箱」)。

今年は琳派誕生400年の節目。日本全国で琳派に絡んだ展示会が開催されているが、「琳派」といわれても、ぴんとこない人も多い。
そんな人には、目と舌の両方で琳派を味わえる「手のひらの自然 京菓子と琳派展」がいいかもしれない。
琳派とコラボした新しい発想の京菓子 50グラムにこめられた芸術
会場内では芸術作品のようなお菓子が展示。


新しい京菓子誕生への期待 高校生の応募も


これは琳派と京菓子を組み合わせた展覧会。
琳派×京菓子の展覧会は2013年よりスタートし、今年で3年目となる。その理由としては、「琳派はあまりに大きなテーマ。3年連続でやってみたら見えてくるもの、生まれてくるもの、新しい京菓子が生まれるのではないか」という期待感があったからだそう。
実際、昨年と比較して、若い世代(高校生)の応募が多くなったり、より琳派を勉強して作品を打ち出してくる人が多いという。

琳派とコラボした新しい発想の京菓子 50グラムにこめられた芸術
昨年の実作部門大賞作品(「Minimal Art KORIN」)


自由な発想を模索し続けている京菓子職人たち


そもそも琳派は京都発信の芸術。堅苦しい決まりや師弟関係に縛られず、自由な発想で生まれた芸術を指す。
そんな琳派に基づいた「自由な発想」による京菓子。それがこの展覧会の目指すところだ。
京菓子というと昔ながらの伝統を守るイメージが強いが、現場に立つ人間は常に新しい京菓子を模索し続けている。
そこで、昨年からはじまったのが「公募」による作品募集。一般人による琳派をイメージした自由なイメージの菓子デザインを、プロの京菓子職人が立体化し、本物の京菓子に作り上げる。これまでは一般の人に声をかけてデザイン作成をお願いしていたそうだが、幅を広げるため公募というスタイルに踏み切った。全く新しいデザインを、手のひらサイズ50グラム程度の小さな世界に表現する職人技や伝統と新しいイメージの融合も見所だ。
コネタの記事をもっと見る 2015年10月18日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。