bit

吉野家が一部店舗で「仮想ボトルキープ」開始! オトクだけど感覚的には〇〇〇に近い

       
吉野家が一部店舗で「仮想ボトルキープ」開始! オトクだけど感覚的には〇〇〇に近い


吉野家が一部店舗でオンライン上に仮想のマイボトルを保管できるサービスを始めている。現時点で東京の3店舗で実施している試験的なサービスだが、2016年度以降吉野家の「吉呑み」実施店舗で導入予定とのこと。さっそくお店に行って使い心地を試してみた。

ボトルキープ実施店舗は?


2015年10月現在、このボトルキープサービスを実施している店舗は「西五反田一丁目店」「新大橋通八丁堀店」「大塚店」の3店舗のみ。実施店舗が少ないので、注意が必要だ。
吉野家が一部店舗で「仮想ボトルキープ」開始! オトクだけど感覚的には〇〇〇に近い


サービス実施店舗の店内には、ボトルキープのポスターが貼られていた。サービスを利用することで通常10杯で3500円のビールが2500円、10杯で3000円の焼酎が2000円で購入できる。いずれも1000円引きだが、本格的に導入される際には、割引率に変更があるかもしれない。
吉野家が一部店舗で「仮想ボトルキープ」開始! オトクだけど感覚的には〇〇〇に近い


ボトルキープを行う際には、くら寿司の時間帯予約などに採用されている光通信関連会社のアプリ「EPARK」のダウンロードと登録が必要になる。利用の際は個人情報の登録が必須で、入力に5分ほど時間がかかった。
吉野家が一部店舗で「仮想ボトルキープ」開始! オトクだけど感覚的には〇〇〇に近い


今回は焼酎ではなくビールを購入してみた。アプリの購入ボタンを押すと、スマホにQRコードが出現する。
吉野家が一部店舗で「仮想ボトルキープ」開始! オトクだけど感覚的には〇〇〇に近い


このQRコードを、店員さんがiPadのカメラを使って読み込み、会計と記録を行う。オンラインでの決済には対応しておらず、お金はその場で渡す必要がある。
吉野家が一部店舗で「仮想ボトルキープ」開始! オトクだけど感覚的には〇〇〇に近い


会計を終えると、アプリ上に吉野家のロゴが入ったピッチャーが出現。ボトルキープの有効期限は180日で、ビールは1杯あたり250円なのでかなりトクだと言える。もちろん1人で飲むだけでなく、グループでビールを分け合うことも可能だ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。