review

あさのいぬ間に、新次郎と五代友厚が出会っちゃった「あさが来た」24話

       
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)10月24日(土)放送。第4週「若奥さんの底力」第24話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:新田真三

24話は、こんな話


奈良の豪商・玉利知信(笑福亭鶴瓶)を訪ねたあさ(波瑠)は、芸人たちを泊めていた埃っぽい馬小屋を掃除したことで興味をもたれ、お金を無利息で貸してもらえただけでなく、日本一の女商人になるとお墨付きまでもらう。

埃と誇り


たまたまだと思うが、奇しくも姉妹が各々の場で“ほこり”に関わっていた24話。

あさは「埃」。
加子部屋のほうがまだましな、泊まりたくない「埃」っぽい馬小屋に通されて、さすがのあさも一瞬ひるんだものの、猿回しの猿の可愛さのおかげで窮地を逃れる。こういうパターンがあともう一回出てきたら、ロープレふう展開を狙っているのかと勘ぐりたくなる。

主人公がいろんなひとに出会いながら成長していくというのは王道だけれど、
その出会いに、加子部屋の水夫に続いて、大道芸人・・・と歴史の片隅に息づいているいろいろな職業の人たちを出してくるのは面白い。

彼らは「新しい朝」という新しい時代の切り替わりのなかで、次第に淘汰されていく存在でもあり、あさは時代を切り拓いていく身とはいえ、彼らを尊重もしているところが実にヒロイックだ。

はつは「誇り」。
同じ頃、姉のはつ(宮崎あおい/さきの大きい立)は、実家へ、夫・惣兵衛(柄本佑)とお金を借りに行き、父・忠興(升毅)に断られてしまう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「あさが来た」

朝ドラ「あさが来た」

幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子を波留が演じた。1988年に出版された古川智映子の『小説 土佐堀川』を原案とし、大森美香が脚本を手掛けている。2015年9月28日〜2016年4月2日放送。

2015年10月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。