review

嵐のはつ、快晴のあさ「あさが来た」26話

       
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)10月27日(火)放送。第5週「お姉ちゃんに笑顔を」第26話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:新田真三
嵐のはつ、快晴のあさ「あさが来た」26話
NHKドラマガイド「連続テレビ小説 あさが来た」Part1 NHK出版

26話は、こんな話


貧しい長屋に身を隠していたはつ(宮崎あおい/さきの大は立)は、訪ねてきたあさ(波瑠)を冷たく追い返す。
すっかり気落ちしてしまったあさの元に、五代(ディーン・フジオカ)が訪ねてきて、都が東に移り、大阪商人は自力で頑張らないといけないので、力を合わせてビッグ・カンパニーをつくろうと持ちかける。

困ったことから逃げる旦那さま


はつの身に起った不幸に、あさは気が気ではない。
「あさでも気落ちすることがある」と驚かれるほどすっかりしょげ、幼さを露呈するあさに対して、新次郎(玉木宏)はなぜか軽い態度。
「うんとかすんとか言うてるだけで」何もできないと言い訳する。
「うんとかすんとか言うてるだけで」もいいとあさが請うと、「すん」と言い、「うんはいいけどすんってなんやろな ははは あほみたいや」と去って行く。
「すん」ともう一度言う念の入れようで。

新次郎は、ふたりで辛気くさい顔をしていてもしょうがないとバランスをとっているともいえるが、難しい問題になればなるほど、あほになって逃げてしまう性分のようでもある。
とはいえ、新次郎はほんとのあほではないので、はつがなぜ、お互いの家を守ろうとあさに言ったのか、という点に注目する。
その疑問は、26話の最後、はつが恥を忍んで泊めてくださいと民家に頼む役割を果たし、さらには、意地悪な姑・菊(萬田久子)を惣兵衛(柄本佑)の刃から守るという果敢な行動に出ることで、視聴者はなるほど、と理解できる仕組みとなっている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「あさが来た」

朝ドラ「あさが来た」

幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子を波留が演じた。1988年に出版された古川智映子の『小説 土佐堀川』を原案とし、大森美香が脚本を手掛けている。2015年9月28日〜2016年4月2日放送。

2015年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。