金田一耕助コスプレの集団が練り歩くイベントが超濃厚
金田一、歩く。

金田一耕助といえばミステリー小説家、横溝正史が生み出した有名過ぎる名探偵。多くのドラマや映画にもなり、未だに人気のシリーズだ。
11月21日、そんな金田一に出会えるイベントがあるという。その名も「コスプレイベント 1000人の金田一耕助」。何の事やらと思われるだろうが、これがまた濃厚かつ興味深いイベントなのである。

金田一耕助コスプレで小説舞台を散策


イベントの趣旨はそのものずばり、「金田一のコスプレをして倉敷市真備町を練り歩く」こと。
岡山県倉敷市真備町(旧岡田村)は戦時中、横溝正史が疎開した土地。ここで彼は「本陣殺人事件」を生み出した。地元の人から聞いた噂話や伝説などが物語のインスピレーションのもとになった、ともいわれている。そんな小説の舞台を金田一のコスプレで散策しよう、というのがこのイベントの趣旨だ。
なので、イベントが開催されるのは岡山県倉敷市。開催しているのは倉敷市観光会。実は平成21年から開催していて、今年で7回目となる。

コスプレ参加者で一番多いのはもちろん主人公である金田一耕助だが、その他には『犬神家の一族』のスケキヨや『八つ墓村』の田治見要蔵、さらには『獄門島』のトリックに使用される「釣鐘」のコスプレなども登場するので、もはや人間である必要すら無い。ずらりとならんだ金田一耕助と主要メンバーたちは圧巻だ。

金田一耕助コスプレの集団が練り歩くイベントが超濃厚
金田一勢揃い!


金田一耕助コスプレの集団が練り歩くイベントが超濃厚
金田一以外もいろいろいます。


イベント自体は約4時間のコース。およそ7キロ、ゆかりの地を歩くだけでなく道中には地元の人による小説の再現寸劇、さらに「犯行再現体験会」などのミニイベントも用意。もちろん内容は当日まで秘密だが、ファンには嬉しいイベントが盛りだくさんだとか。